【デスノート 逆襲の天才】あらすじのネタバレと感想「ミサミサがかわいい&松ケンのひょっとこに爆笑」

4abc06bc26fd91baabc555ca741c3921_s

10月29日に公開される映画『デスノート Light up the NEW world』の公開を記念して、劇場最新作につながる特別編が前日の10月29日の金曜ロードSHOW!で『デスノート 逆襲の天才』として放送されます。

事件から10年後の世界が描かれ、映画にもつながる重要なドラマ特別編『デスノート 逆襲の天才』のキャストやあらすじと感想をネタバレでお届けしていきます。

 

スポンサードリンク




 

『デスノート 逆襲の天才』のあらすじ

 
10年前、死神の落とした1冊のノートを巡り、2人の天才が壮絶な頭脳戦を繰り広げた。

その死闘から10年後、10年前を思い出させる連続不審死事件が世界中で発生し、三島創(東出昌大)は夜神月(藤原竜也)が起こしたキラ事件と同じくデスノートによる事件ではないかと推察します。

全ては10年前に夜神月(藤原竜也)が死神リュークが落としたデスノートを拾ったことからこの事件は起こりました。

夜神月(藤原竜也)はデスノートに名前を書いた翌日に本当に書いた人間が亡くなったことから、デスノートの力が本物であると確信し、犯罪者をデスノートで始末すると、目の前に死神のリュークが現れ、代償はそのノートを使った者だけに訪れる苦悩や恐怖だけで、それ以外は特に代償はないという。

それを聞いた夜神月(藤原竜也)は警視庁のデータにアクセスし、裁かれることのない犯罪者たちを次々に始末していくことになります。

次々に犯罪者たちが連続不審死事件が世界中で起こり、夜神月(藤原竜也)は自分が世界中の犯罪者を始末する正義のヒーロー「キラ」であることに酔いしれていました。

そんな中、ICPOからの依頼で、世界的名探偵のL(松山ケンイチ)が「キラ」逮捕に向けて動き出し、ここから「キラ」と「L」の頭脳戦が繰り広げられることとなります。

「L」により「キラ」は顔と名前を知れば直接手を下さなくても相手を殺せることを知り、さらにプロファイルにより、日本の関東に在住している人物であると突き止め、FBI捜査員を派遣するも、全て「キラ」の手によって始末されてしまいました。

そこで「L」は自ら日本の捜査本部に参加することを決めます。

「L」は今後は不用意に自分の名前を「キラ」に知られないように捜査官に指示し、死ぬ前にはその人物を操ることもできることを突き止めると「キラ」がFBI捜査官 レイ(細川茂樹)を操り、捜査官のファイルを手に入れていたことと、亡くなったFBI捜査官 レイ(細川茂樹)が亡くなる前に調べていた夜神総一郎(鹿賀丈史)の家が怪しいと思った「L」は監視カメラを家に設置して、夜神月(藤原竜也)を徹底的に監視します。

しかし監視カメラを知ってか夜神月(藤原竜也)は怪しい動きを見せません。

FBI捜査官 レイ(細川茂樹)の婚約者である南空ナオミ(瀬戸朝香)は独自に捜査し「キラ」が夜神月(藤原竜也)であると確信し、恋人の秋野詩織(香椎由宇)を人質に取り、自分が「L」であることを白状しなければ秋野詩織(香椎由宇)を銃で撃つと脅します。

それでも白を切る夜神月(藤原竜也)に南空ナオミ(瀬戸朝香)は自分の名前をわざと伝え、自分を殺すように迫ります。

もし殺せば「キラ」であることがバレる夜神月(藤原竜也)は、なかなか動くことができません。

そこにサイレンの音が鳴り、その隙に逃げた秋野詩織(香椎由宇)を南空ナオミ(瀬戸朝香)は銃で撃ち、自らをも銃で撃ってしまいます。

実はこれは全て夜神月(藤原竜也)がデスノートに書いて2人を操り、自作自演で悲劇の主人公になるのを演出していたのでした。

自分の疑惑を晴らすために恋人まで始末した夜神月(藤原竜也)は「キラ」を捕まえるために捜査協力を志願し「L」を始末するために「L」に近付きます。

そして初めて「L」と対面することに成功した夜神月(藤原竜也)は「L」の本名を探っていると、第2の「キラ」が現れます。

第2の「キラ」であるアイドルの弥海砂(戸田恵梨香)は「キラ」信者で、その妄信的な愛情を夜神月(藤原竜也)は利用し「L」に会わせて、死神の目で本名を知ることに成功!

これで条件がそろった夜神月(藤原竜也)は喜んで「L」の名前を聞こうと弥海砂(戸田恵梨香)に電話すると、携帯電話は「L」が密かに奪い取っており、別れた途端に電話したことで、弥海砂(戸田恵梨香)が第2の「キラ」だと確信し、逮捕して取り調べることになります。

これで本当の名前を知るチャンスを失った夜神月(藤原竜也)は急に「自覚がないけど自分がキラなのかもしれない。」と言い出し、自分を監視した状態で、事件が起こるかどうかを実験させることにしたのでした。

2人が隔離されてから事件はなくなりましたが、デスノートの所有権がなくなり、デスノートの記憶も失われた夜神月(藤原竜也)は第3者にデスノートを渡し、第3の「キラ」が2週間後に現れることとなります。

第3の「キラ」が高田清美(片瀬那奈)だと夜神月(藤原竜也)は突き止め、監視すると、死神レムと話している姿に遭遇し、そこで死神の目をくれるように頼んでいる姿を目撃しました。

そして高田清美(片瀬那奈)は犯行前に逮捕され、そこで「L」たちはデスノートの存在を知ることになります。

「L」は初めて死神を目撃し、夜神月(藤原竜也)はデスノートに触れたことで、所有していた時の記憶を取り戻すことに成功して、その場で腕時計の中に潜ませていたデスノートの切れ端に高田清美(片瀬那奈)の名前を書いて始末してしまいます。

「L」はすぐにデスノートを調べますが、高田清美(片瀬那奈)の名前はありません。

デスノートに名前を書いた者は13日以内に名前を書かないと死ぬというルールから、その間、隔離されていた夜神月(藤原竜也)と弥海砂(戸田恵梨香)は無実と証明され、釈放されることになりました。

そして13日ルールは死神レムに書かせた嘘で、弥海砂(戸田恵梨香)が釈放された後にまた「キラ」事件が起こったため「L」は13日ルールが本当なのか死刑囚を使って実験を試みることにしました。

そのために夜神総一郎(鹿賀丈史)を始めとした捜査員たちをデスノートと共にアメリカに送り、「L」は夜神月(藤原竜也)と直接対決に討って出ます。

「L」は弥海砂(戸田恵梨香)を呼んで、第2の「キラ」であることを証明しようとしますが、夜神月(藤原竜也)は弥海砂(戸田恵梨香)に思いを寄せる死神レムに「L」の名前を書かせて「L」の息の根を止めてしまいます。

そして夜神月(藤原竜也)は夜神総一郎(鹿賀丈史)にデスノートを渡すように説得しますが、全てを監視映像で見ていた夜神総一郎(鹿賀丈史)は夜神月(藤原竜也)と弥海砂(戸田恵梨香)を逮捕するのでした。

そこに始末したはずの「L」が現れ、弥海砂(戸田恵梨香)に偽物のデスノートを渡して、本物の方には自分の名前と23日後に亡くなるように書き、その間は生きていられることを利用していたのです。

そして腕時計の中に入れていた高田清美(片瀬那奈)と書いたデスノートの切れ端も見つかり、ついに自分が「キラ」であることを夜神月(藤原竜也)は白状し、死神リュークを呼んで「面白い物を見せてやるから今すぐここにいる全員を殺せ!」と命令すると、死神リュークはデスノートに「夜神月」と書いて「俺に頼るようじゃ終わりだ!」と告げ、夜神月(藤原竜也)は最期を迎えるのでした。

23日後「L」はデスノートに書いた通りに殉職して事件は解決しました。

その後、夜神総一郎(鹿賀丈史)はデスノート事件の再発防止のため、デスノート対策室立ち上げに尽力することとなりました。

時は流れて2016年、キラ対策室はデスノート対策室と名称が改められ、新生「キラ」を本格的に捜査することとなります。

そして「L」の後継者の竜崎(池松壮亮)が三島創(東出昌大)の捜査に協力することになりました。

6冊のデスノートが地上に落とされ、弥海砂(戸田恵梨香)は紫苑優輝(菅田将暉)から夜神月(藤原竜也)が生きていることを告げられます。

果たして「キラ」は生きているのか?

全てのノートが集まる時に真実が明かされる…

 

スポンサードリンク




 

キャスト

 

『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』キャスト

夜神月(藤原竜也)

L/竜崎(松山ケンイチ)

弥海砂(戸田恵梨香)

リューク(中村獅童)

南空ナオミ(瀬戸朝香)

秋野詩織(香椎由宇)

FBI捜査官 レイ(細川茂樹)

宇生田刑事(中村育二)

相沢刑事(奥田達士)

模木刑事(清水伸)

佐波刑事(小松みゆき)

渋井丸拓男(顔田顔彦)

高田清美(片瀬那奈)

西山冴子(上原さくら)

レム(池畑慎之介☆)

夜神粧裕(満島ひかり)

ワタリ(藤村俊二)

夜神総一郎(鹿賀丈史)

新規撮影パートキャスト

三島創(東出昌大)

竜崎(池松壮亮)

紫苑優輝(菅田将暉)

七瀬聖(藤井美菜)

松田刑事(青山草太)

黒元晋(竹井亮介)

浦上衛(大迫一平)

木佐係長(相島一之)

ニア(阪口大助)

出典:http://tv.yahoo.co.jp/program/22226058/

 

感想

 
ほとんどが総集編といった形になりましたが、10年も前のことなので、第3の「キラ」の辺りからはあんまり覚えてなく、忘れていることも多かったので、新作映画の流れを追うには公開前日にあって良かったと思います。

奇抜なキャラですが、IQ246の織田裕二より圧倒的に「L」の方が頭が良く見えました。

10年前ということで、藤原竜也や松山ケンイチ、戸田恵梨香がかなり若かったですね!

ミサミサが可愛かった!

あの時は戸田恵梨香は、まだ17歳だったんですね!

当時はカワイイ系でしたが、今はキレイ系といった感じになったので、当時のかわいい戸田恵梨香を見れるのは貴重でした。

「L」のひょっとこ姿は松山ケンイチのアイディアだったということで、ひょっとこの違和感が凄くおかかったです。

新作は6冊もデスノートが出てくるので、結構めちゃくちゃになりそうな気がしますが「キラ」が生きているのか?

生きているとしたら、どういうロジックで生きていたのか、その辺が非常に気になりますね!

 
『砂の塔~知りすぎた隣人』ネタバレ

※『砂の塔~知りすぎた隣人』の各話のネタバレはこちらをご覧下さい。

【砂の塔】3話の感想とあらすじのネタバレ「佐野勇斗&がんちゃんに犯人説浮上?」

【砂の塔】2話のあらすじと感想のネタバレ「横山めぐみのママ友いじめのドロドロぶりがエスカレート」

【砂の塔】1話の感想とあらすじのネタバレ「松嶋菜々子の監視カメラが怖すぎでハーメルン事件の犯人確定?」

『逃げるは恥だが役に立つ』ネタバレ

※『逃げるは恥だが役に立つ』の各話のネタバレはこちらをご覧下さい。

【逃げ恥】3話のネタバレ感想とあらすじ「ガッキーがチアガール姿でシェア予告」

【逃げ恥】1・2話の感想とあらすじのネタバレ「古田新太のクックパッドのハートフル坊主は実在した」

関連記事

【特命指揮官 郷間彩香】あらすじのネタバレと感想「真剣佑の不気味なラストで連ドラ続編に期待」

【おみやさんスペシャル2】あらすじのネタバレと感想「三浦涼介の中学生役と神尾佑の悪役に感動」

【IQ246】黒幕Mの正体は誰か予想「森本朋美(中谷美紀)だと単純すぎ?まさかのあの人の可能性も?」

【IQ246】1話のあらすじネタバレと感想「織田裕二の杉下右京風の喋り方は名探偵ポワロのマネ?」

【ドクターx 4】1話のあらすじネタバレと感想「泉ピン子が幸楽と小池百合子ネタ披露」

 

スポンサードリンク




関連記事

  1. e9f15355409af269c0e6ca89de85f000_s

    【砂の塔】5話のネタバレ感想とあらすじ「松嶋菜々子は銀座のママ?田中直樹と過去に不倫か?」

  2. 8c37a5545ca6b0f7906c55aa2e1846e1_s

    【やりすぎ都市伝説 2016 秋】関暁夫がSiriの嘘と人工知能vivが人間選別を2018年に開始す…

  3. 614d85b0c532a0a15497ba57dae94fb0_s

    逃げるは恥だが役に立つの最終回はいつ?1~11話までの視聴率&あらすじまとめ!

  4. e9f15355409af269c0e6ca89de85f000_s

    【砂の塔】6話のネタバレ感想とあらすじ「松嶋菜々子と田中直樹は過去に子供を亡くした?」

  5. aedc116db1b10644b1feb66be93a88c3_s

    【ナイナイアンサー】バツイチ人気キャスターと再婚した元ミス日本代表は誰?サプライズ挙式に感動!

  6. 8ec3685bb80352b63e89e32e1cb357cd_s

    【HOPE~期待ゼロの新入社員~】最終回ネタバレで結末は原作通りなら正社員にはなれない?

  7. 55719809ab17ef66be062fc945011825_s

    【ローカル路線バス乗り継ぎの旅 第23弾】宮崎~長崎の経路と運賃総額結果&蛭子能収名言集!

  8. e324d9f92f2e810c5e10f5388aff8e9f_s

    クヒオ大佐の現在の画像公開!同じ手口で結婚詐欺をまだ続けていた!

  9. 8ee5c40e401822c7acd24176a27be122_s

    帰れま10(10月16日)セブンイレブンの順位結果!秋の人気商品ベスト10に揚げ鶏やハンバーグがラン…

コメント

    • iL
    • 2016年 10月 29日

    個人的にガラケー見て時代をめっちゃ感じたwwww

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP