【ドクターx 5期】9話のネタバレ感想とあらすじ「最終回は大門が内神田の食道がんを手術する?」

59e9f16e661a4d5fca455ede1ac76d52_s

シリーズ5を迎えた『ドクターX ~外科医・大門未知子~』も、次回ががいよいよ最終回となります。

今回の第9話は、最終回につながる重要な回で、内神田景信(草刈正雄)の秘密が明かされることとなりました。

最終回目前で重要となる12月7日放送の『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第5シリーズ・9話のキャスト、あらすじ、感想をネタバレでお届けしていきます。

 

スポンサードリンク

 

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第5シリーズ・9話のあらすじ

 
城之内博美(内田有紀)は娘の城之内舞(藤井杏奈)が一時帰国することから大門美知子(米倉涼子)に新しい洋服やプレゼントを選んでもらうために出かけようとすると、病院のロビーで城之内舞(藤井杏奈)が通っていたバレエ教室の先輩である九重遥(井本彩花)が足を痛めて、おじいちゃんの九重節郎(大友康平)と一緒に診察に来ているの出くわし、城之内博美(内田有紀)は時間外受付を案内するのでした。

一方、蛭間重勝(西田敏行)は内神田景信(草刈正雄)に息子の西山直之(永山絢斗)が大門美知子(米倉涼子)に影響されていることを伝えると、内神田景信(草刈正雄)は大門美知子(米倉涼子)と共に名医紹介所も時間がないから早めに潰すことを告げるのでした。

その頃、大門美知子(米倉涼子)は城之内博美(内田有紀)に麻雀をしながら、九重遥(井本彩花)のケガの様子を聞くと、有痛性外脛骨であったことを話すと、それを聞いていた神原晶(岸部一徳)は昔、大門美知子(米倉涼子)の患者のテニスプレイヤーが有痛性外脛骨と最初に診断されたけど、実は舟状骨骨折で、放っておくと骨が変形して変形性関節症になってしまうので、再検査をした方がいいと告げ、城之内博美(内田有紀)は母親の九重比佐子(原沙知絵)に再検査のことを電話で伝えます。

電話で報告を受けた九重比佐子(原沙知絵)は診察を受けたことを知らず、九重節郎(大友康平)とは、あまり関わって欲しくない九重比佐子(原沙知絵)は九重遥(井本彩花)に、そのことを話し、翌日、再検査を受けて詳しく調べると、舟状骨骨折であることが判明します。

大門美知子(米倉涼子)はバレエを続けるためには舟状骨骨折の手術を2回受けた方がいいと言いますが、完治するまでに半年もかかってしまい、選考会に出られなくなってしまうため、九重遥(井本彩花)は痛みを我慢して選考会に出ることを告げるのでした。

翌日、大門美知子(米倉涼子)は金属ネジではなく、患者本人の骨でネジを作る方法(自家骨ネジによる骨接合術)なら選考会に間に合うことを九重比佐子(原沙知絵)と九重遥(井本彩花)を伝えます。

しかし手術中に本人の骨からネジを作るのを頼んでいた工科大学や民間企業からも急に断られてしまいます。

一方、神原晶(岸部一徳)の元には取引停止警告が届き、大門美知子(米倉涼子)はすぐに直談判しに行こうとしますが、西山直之(永山絢斗)から、これは上からの圧力だと告げられます。

その頃、内神田景信(草刈正雄)の元には自身の診断結果が届き、食道がんのステージ4aであることが判明し、あと余命は半年しかないと思っていると、そこに大門美知子(米倉涼子)が乗り込んできて、なぜ圧力をかけるのかを聞くと、西山直之(永山絢斗)には後を継いでもらいたいので、大門美知子(米倉涼子)がいると、将来のためにならないので、フリーランスは排除すると言われてしまい、帰ると、神原晶(岸部一徳)から大学病院団体連盟から引停止警告と大学病院からの契約解除が届き、神原名医紹介所が過大請求で訴えられたことを告げられてしまうのでした。

すると、そこに森本光(田中圭)がやってきて、中小企業でも骨ネジを作る技術を持っている人はいるのではないかと告げると、九重節郎(大友康平)が精工会社をやっていて、九重節郎(大友康平)に頼むと、九重比佐子(原沙知絵)が高校生の頃、ピアニストになりたいから音楽大学に行くと言い出した時に「芸事で飯なんか食えるか」と認めず、娘の夢を潰したことから、孫の夢を潰さなくて済むように1週間で、手術室の中で、骨のネジを作れる機械を作ることを約束するのでした。

一方、神原晶(岸部一徳)は内神田景信(草刈正雄)と会い、大門美知子(米倉涼子)が今やろうとしている手術だけは全うさせてやって欲しいと頼みます。

1週間後、九重節郎(大友康平)は機械を作り上げ、病院に届けます。

大門美知子(米倉涼子)は自家骨ネジによる舟状骨接合術を行い、その様子を内神田景信(草刈正雄)が見に来ました。

しかし骨を加工する段階で、骨が折れてしまい、脛骨に変更して採取を行いながら、九重節郎(大友康平)は機械の微調整を行います。

そして骨のネジは見事に完成し、大門美知子(米倉涼子)は、またも失敗せずに手術を成功させてしまうのでした。

内神田景信(草刈正雄)は自分の名前を伏せて、自分のレントゲン写真を蛭間重勝(西田敏行)に診せますが、すでに手術は不可能だと言われてしまいます。

そこに神原晶(岸部一徳)が現れ、最後の請求書を渡しにやってきました。

するとレントゲンを見た神原晶(岸部一徳)は「あらっ、うちの大門なら切れますね。」と告げて帰っていくのでした。

その後、城之内博美(内田有紀)の娘の城之内舞(藤井杏奈)の新しい洋服やプレゼントを選んでいると、店の中で大門美知子(米倉涼子)は倒れてしまうのでした。

 

スポンサードリンク

 

キャスト

 
大門美知子(米倉涼子)

神原晶(岸部一徳)

城之内博美(内田有紀)

猪又孝(陣内孝則)

海老名敬(遠藤憲一)

鳥井高(段田安則)

原守(鈴木浩介)

森本光(田中圭)

西山直之(永山絢斗)

有馬亘(中林大樹)

黒川慎司(上杉柊平)

長森陽菜(久住小春)

蛭間重勝(西田敏行)

中谷恵子(是永瞳)

ソンタ君(NAO)

城之内舞(藤井杏奈)

九重遥(井本彩花)

内神田景信(草刈正雄)

 

感想

 
内神田景信(草刈正雄)が末期の食道がんだったとは…

あれだけ肉を食べまくっていたのは、末期の食道がんまでの振りだったのかな?

何だかんだで、大門美知子(米倉涼子)がいなくなると、寂しいそうな蛭間重勝(西田敏行)がちょっと可愛かったです。

そして突然、大門美知子(米倉涼子)が倒れてしまったけど、予告では手術をしていたので、そこまで大した病気ではないのかもしれませんね!

まぁ内神田景信(草刈正雄)の末期がんを大門美知子(米倉涼子)が手術する流れなんでしょうけど、西山直之(永山絢斗)の説得で、手術を受けることになるんじゃないかなぁ~と思いますけど、そうなると内神田景信(草刈正雄)は日本医師クラブの会長を辞めてしまいそうですね…

前回の泉ピン子より草刈正雄の方が断然いいから次回もあれば、残って欲しいけど、やっぱり次回が最後なのかな?

そういう意味でも最終回の展開から目が離せそうにありませんね!

 
関連記事

【ドクターX 4】最終回11話のあらすじネタバレと感想「城之内のがんの結末は?古坂大魔王がPPAP披露も」

【ドクターx 4】10話のネタバレ感想とあらすじ「最終回は城之内のオペで上海へ行ってしまうのか?」

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. 8244eeff43ed39c5eef6a58ae71e7cd4_s

    【世にも奇妙な物語2017 秋】運命探知機のあらすじネタバレと感想「岩田剛典がかわいそうなオチ」

  2. 8739e246b9a7b564e227c8d15198f525_s

    【ウォーキングデッド シーズン8】7話のネタバレ感想とあらすじ「ドワイトの裏切りがユージーンにバレる…

  3. 4d9b3cc45f648626382fe26363f794df_s

    【CRISIS(クライシス)】4話のネタバレあらすじと感想「小市慢太郎の北のミサイル時事ネタがヤバイ…

  4. 8739e246b9a7b564e227c8d15198f525_s

    【ウォーキングデッド シーズン7】後半9~16話の原作とドラマの違い「ジェイディスや浜辺の村は原作に…

  5. 2f35d356a261a5443e8b2a4ee0189c73_s

    【天までとどけ】キャストが現在(2017)爆報フライデーで再会「公平(金杉太朗)の事故死で若林志穂が…

  6. 614d85b0c532a0a15497ba57dae94fb0_s

    【逃げ恥】9話のネタバレ感想とあらすじ「沼田がひらまさをリストラ候補に?みくりとペッパーのセリフがか…

  7. 8739e246b9a7b564e227c8d15198f525_s

    【ウォーキングデッド シーズン7】前半1~8話の原作とドラマの違い「ダリル・サシャ・タラはオリジナル…

  8. 55e78b424188b20cb205553afebc83a8_s

    【大食い世界一決定戦2017】1月1日元日の結果「優勝は日本とアメリカのどっちでMAX鈴木とモリーの…

  9. 4d9b3cc45f648626382fe26363f794df_s

    【CRISIS(クライシス)】3話のネタバレあらすじと感想「新木優子は平成維新軍の前身の元メンバー」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP