【IQ246】1話のあらすじネタバレと感想「織田裕二の杉下右京風の喋り方は名探偵ポワロのマネ?」

e94866feab5b33bf40c17e3c43d50572_s

10月16日に放送された『IQ246~華麗なる事件簿~』第1話のキャストやあらすじと感想をネタバレでお届けしていきます。

 

スポンサードリンク




 

『IQ246~華麗なる事件簿~』第1話のあらすじ

 
警視庁捜査一課に配属された和藤奏子(土屋太鳳)は北鎌倉にある名家の法門寺家の護衛係として任命され、法門寺家の89代目当主執事の賢正(ディーン・フジオカ)から護衛としての説明を受けている最中に89代目当主の法門寺沙羅駆(織田裕二)が突然家からいなくなったことを知らされ、慌てて捜しに出かけます。

暇を持て余した法門寺沙羅駆(織田裕二)がタクシーで出かけると事件現場に遭遇し、被害者の人となりや犯行の手口などを鮮やかに言い当てたものの、お金を持ち合わせていなかった法門寺沙羅駆(織田裕二)は、そのまま連行されてしまい、取り調べを受けますが、山田次郎(宮尾俊太郎)と今市種子(真飛聖)それぞれの人となりを言い当てていると、警視総監命令の連絡がきて、すぐに自由の身となります。

帰宅した法門寺沙羅駆(織田裕二)は新しい護衛係の和藤奏子(土屋太鳳)を見るなり、どんな生活をしていて、どんな人物であるのかを全て言い当ててしまいます。

特許を得ている発明品は2018点、著書は3625冊にも及び、頭が良すぎてどんな問題も簡単に解いてしまって法門寺沙羅駆(織田裕二)は毎日暇を持て余していました。

一方、CMクリエイターの早乙女伸(石黒賢)は不倫相手の鈴木 なつ実(広澤草)に早乙女伸(石黒賢)が作ったことになっているCMを本当は自分が作ったことを暴露すると脅されてしまいます。

そんな早乙女伸(石黒賢)の元に完全犯罪をする方法のメールが送られてきました。

一方、法医学専門監察医の森本朋美(中谷美紀)は遺体を見て法門寺沙羅駆(織田裕二)の推察と全く同じ見解を述べました。

さらに山田次郎(宮尾俊太郎)と今市種子(真飛聖)が事件を調べると、被害者の人間関係まで法門寺沙羅駆(織田裕二)が言っていたことと一致していることに驚きます。

その頃、大金持ちの桜庭家の奥様・桜庭彬子(伊藤かずえ)が住み込みで働いていた寿司職人の宮島がいなくなったので探して欲しいと相談してきて、法門寺沙羅駆(織田裕二)は賢正(ディーン・フジオカ)から説得されて渋々、桜庭家に向かって聞き込みを始め、厨房で宮島が愛用していた包丁を落とした形跡から何者かに背後から襲われ、殺されたのではないかと推理し、秘書やメイド、花屋の草野キクエ(加藤貴子)が犯人ではないかと疑います。

一方、早乙女伸(石黒賢)は桜庭家からCMを依頼され、不倫相手の鈴木 なつ実(広澤草)も連れていき紹介することを喜んでいると、後ろから首を絞めて殺し、腕時計の時間を変えて机で叩いて腕時計を壊してから事務所のお金を取って、事務所を荒らした後に協力者に電話をして、桜庭家に行くと法門寺沙羅駆(織田裕二)もいて、CMのプランを一緒に見ることになりますが、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「どのプランも同じだ!」と言って退屈そうにしていました。

その頃、早乙女伸(石黒賢)の事務所に強盗が入り、早乙女伸(石黒賢)の元にもすぐに連絡がきました。

法門寺沙羅駆(織田裕二)は何度も時計を気にしていたことから早乙女伸(石黒賢)を怪しみ、現場に法門寺沙羅駆(織田裕二)も向かうと、森本朋美(中谷美紀)は遺体から推定時刻を話し、法門寺沙羅駆(織田裕二)から見立て通りだと言われて大喜び!

その後、警察が帰った事務所にいきなり法門寺沙羅駆(織田裕二)が現れ、勝手に聞き込み、ロッカーから誰の指紋も出なかったことから手袋をした犯人と強盗が予め逃げるルートを確保していたことから内部の犯行であると推理し、早乙女伸(石黒賢)に昨日、携帯で強盗の知らせがくるのがわかってたかのようにポケットを上から触って携帯電話の位置を確認していたことを伝えて去っていきました。

そして早乙女伸(石黒賢)が夫婦でレストランに行くと、そこに法門寺沙羅駆(織田裕二)が現れ、妻に被害者のことを聞きますが、早乙女伸(石黒賢)は法門寺沙羅駆(織田裕二)を連れ出し、被害者とは不倫関係であったことを告白し、妻が足をケガしていたことから、妻以外の他の人物が早乙女伸(石黒賢)の共犯者であると考えます。

法門寺沙羅駆(織田裕二)は桜庭家の寿司職人の宮島を殺したのを目撃した早乙女伸(石黒賢)が犯人を共犯者にして今回の事件を起こしたと推理し、強盗犯の足跡についていた成分を分析すると、パルメザンリリーの花粉がついていたことから草野キクエ(加藤貴子)であると推察し、最近借金を返したこととパルメザンリリーは桜庭家では飾らないことから「桜庭家に出入りする人物の中で犯人の可能性が一番高いのはあなただ!」と言い、草野キクエ(加藤貴子)は早乙女伸(石黒賢)にすぐに電話し、バレるのではないかと不安を相談をしました。

早乙女伸(石黒賢)はその後、CMの発表会の花を草野キクエ(加藤貴子)に依頼しました。

イベントでも不安を訴える草野キクエ(加藤貴子)に「全てプラン通りいっている。」と告げ、早乙女伸(石黒賢)はCM上映会中に抜け出し、草野キクエ(加藤貴子)に襲いかかると、そこに賢正(ディーン・フジオカ)がいたので逃げ、上映会場に戻り、上映が終わって壇上に上がると、法門寺沙羅駆(織田裕二)が拍手をしながら壇上に上がり、上映中に草野キクエ(加藤貴子)の首を絞めていたことを告げます。

そして、その様子がスクリーンに映し出され、その証拠に犯人が逃げる時にズボンに水を浴びたのが特殊な塗料で、ライトで当てると光るものだったため、早乙女伸(石黒賢)のズボンが光り、草野キクエ(加藤貴子)は実は変装した和藤奏子(土屋太鳳)であったことが明かされ、草野キクエ(加藤貴子)が全てを自供してしまいます。

早乙女伸(石黒賢)はいつから疑っていたか聞くと、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「最初に絵コンテを見た時にあなたの作品ではないと思った。」と告げ、その時にセリフの頭の文字をつなげると「すずきなつみ」になっていたことを明かします。

いつか自分の作品であると証明するため、自分の署名を入れていたことを聞かされると、早乙女伸(石黒賢)は逃げ出し、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「謎は解けた。興味はない。」と言って追いかけず、和藤奏子(土屋太鳳)が追いかけて投げようとするも相手にならず、賢正(ディーン・フジオカ)が取り押さえて、法門寺沙羅駆(織田裕二)は草野キクエ(加藤貴子)が寿司職人の宮島をやったのを見たのは偶然なのかを聞くと、早乙女伸(石黒賢)は「13」という名前の人物からメールがきて指南されたことを伝えると、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「13」がアルファベットの13番目と言う意味で、名前はMであることを突き止め、事件は幕を閉じたのでした。

 

スポンサードリンク




 

キャスト

 
法門寺沙羅駆(織田裕二)

和藤奏子(土屋太鳳)

賢正(ディーン・フジオカ)

山田次郎(宮尾俊太郎)

今市種子(真飛聖)

法門寺瞳(新川優愛)

足利尊氏(矢野聖人)

棚田文六(篠井英介)

賢丈(寺島進)

森本朋美(中谷美紀)

ゲスト

早乙女伸(石黒賢)

桜庭彬子(伊藤かずえ)

桜庭社長(佐戸井けん太)

鈴木 なつ実(広澤草)

草野キクエ(加藤貴子)

 

感想

 
織田裕二と石黒賢は『振り返れば奴がいる』以来の共演ということもあって、『振り返れば奴がいる』世代としては楽しみに見ました。

和藤奏子(土屋太鳳)が買い物を頼まれるシーンでは「豆乳味だっけ?コーヒー味だっけ?振り返っても奴はいない。」というセリフがあったり、司馬江太郎と石川玄がすれ違うシーンのオマージュのようなシーンがあり『振り返れば奴がいる』のファン心をくすぐるシーンがあったのはファンにとってはたまらないシーンとなったのではないでしょうか?

しかしながら、今までの織田裕二のイメージには全くないキャラで、とにかく喋り方が『相棒』の杉下右京?

はたまた古畑任三郎?みたいな感じで違和感が凄くて、千鳥ノブなら「クセが強い!」とツッコミそうなキャラのせいか、とてもIQ246もあるようには見えなかったんですが…

杉下右京のキャラは『名探偵ポワロ』からきているのではないかと言われているので、杉下右京というよりは『名探偵ポワロ』を真似たら杉下右京にも似てしまったという感じなのでしょうか?

田村正和と違って織田裕二とか水谷豊って普段あんな喋りじゃないから余計に違和感があるんですが、杉下右京の方はもうすっかり慣れてきたので、織田裕二の口調にもそのうち慣れるのかな?

口調に慣れても知性溢れる演出に乏しいので、その辺の演出を足していかないとIQ246ある人の説得力がなく、ただの口調が変な人で終わってしまいそうな気がします。

そもそもIQ高い=変人みたいな安易な演出にはちょっと疑問もあるので、MENSA会員にIQ246の人ってあんな感じなのかを聞いてみたいですね!

何より事件もIQ246もある人が解く事件としては簡単すぎで、普通の刑事でも解けるぐらいのレベルだったので、その点もIQ246である意味があるのかが疑問でしたが、今後はもっとIQ246に相応しいぐらいの難しい事件が描かれるのに期待したいです。

そして法門寺沙羅駆の時の織田裕二のものまねを山本高広がするのかにも注目ですね!

 
関連記事

【IQ246】黒幕Mの正体は誰か予想「森本朋美(中谷美紀)だと単純すぎ?まさかのあの人の可能性も?」

【特命指揮官 郷間彩香】あらすじのネタバレと感想「真剣佑の不気味なラストで連ドラ続編に期待」

【砂の塔】2話のあらすじと感想のネタバレ「横山めぐみのママ友いじめのドロドロぶりがエスカレート」

【砂の塔】1話の感想とあらすじのネタバレ「松嶋菜々子の監視カメラが怖すぎでハーメルン事件の犯人確定?」

【逃げ恥】1・2話の感想とあらすじのネタバレ「古田新太のクックパッドのハートフル坊主は実在した」

【ドクターx 4】1話のあらすじネタバレと感想「泉ピン子が幸楽と小池百合子ネタ披露」

【おみやさんスペシャル2】あらすじのネタバレと感想「三浦涼介の中学生役と神尾佑の悪役に感動」

 

スポンサードリンク




関連記事

  1. 8739e246b9a7b564e227c8d15198f525_s

    【ウォーキングデッド シーズン7・8】原作7巻のネタバレあらすじ「第21話・前半 ロジータがユージー…

  2. 7b88fe05b5b848a3783bb3dc6d3423f7_s

    石田さん家の隼司くんの美容室はどこ?BLESS千歳船橋で両親への手紙に感動!

  3. ecaf524e96195af536ce486c70357f78_s

    【やりすぎ都市伝説 2016 冬】関暁夫予言SP「トランプの裏にトランスヒューマニズムが関与」

  4. b6b4250adfd5b9d40318676f0cc77a68_s

    【渡る世間は鬼ばかり 2016 前編】あらすじネタバレと感想「貴子は妊娠・愛は離婚危機に」

  5. 450aa0ca6ac5cd161386c90c5e27f426_s

    【フリースタイルダンジョン】モンスターが選ぶベストバウトと影響を受けた視聴者にオススメCD1枚を紹介…

  6. 5667721dce244b7829ca3367d024a4fc_s

    網野泰寛はHYDE似の会社社長兼華道家で藤野大作他ガチンコファイトクラブ生の現在は?

  7. e9f15355409af269c0e6ca89de85f000_s

    【砂の塔】7話のあらすじと感想のネタバレ「和樹が弓子の子供でハーメルン事件との関係は?」

  8. 732ff3144bb4947e78eeae1b3035bf85_s

    【画像】佐々木結音(ゆのころぽっぷ)wiki風プロフィール!ファン男性3人の損害賠償はいくらになる?…

  9. ecaf524e96195af536ce486c70357f78_s

    【やりすぎ都市伝説 2016 夏】関暁夫が死海文書の預言の2018年終末予言を解説!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP