【検事の本懐】ドラマのネタバレあらすじと感想「結末で上川隆也が検察から外される?」

44ab9e0d1157f0f7b71e2037728d16b3_s

絶対にブレない男!硬骨の検事・佐方貞人待望のシリーズ第3弾が12月3日に放送されます。

0.1%の正義に挑む本格サスペンスドラマスペシャル『検事の本懐』のあらすじやキャスト、感想をネタバレでお届けしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク




 

『検事の本懐』のあらすじ

 
米崎地検検事の佐方貞人(上川隆也)と庄司真生(松下由樹)は大物代議士の大河内定和(寺田農)と技術技能支援財団の代表理事である増元敬清(六平直政)の贈収賄事件の重要参考人である事業団の経理担当役員の園部勝也(稲田龍雄)が自殺してしまったことから捜査が振り出しに戻ってしまったため、東京地検特捜部に応援に駆り出されることになりました。

2人は東京地検事務官の加東栞(本仮屋ユイカ)と小山哲明(和泉崇司)から地方でのやり方は忘れるように言われ、今回の件で指揮を執る近田慶彦(矢島健一)と輪泉琢也(正名僕蔵)から全体説明を受け、明日、収賄の新たな手がかりを見つけるために技術技能支援財団と自宅の捜索と増元敬清(六平直政)の事情聴取を行うことを告げられます。

翌日、輪泉琢也(正名僕蔵)と共に技術技能支援財団に同行した佐方貞人(上川隆也)と庄司真生(松下由樹)は証拠品を集めようとしますが、地方から応援に来た者は段ボールを運び出すだけでいいと加東栞(本仮屋ユイカ)に止められ、運び出ししかさせてもらえませんでした。

近田慶彦(矢島健一)と輪泉琢也(正名僕蔵)は増元敬清(六平直政)を取り調べますが、何も知らないとしらを切り通して何もしゃべろうとはしません。

庄司真生(松下由樹)は園部勝也(稲田龍雄)の手帳の日付の横に数字が書かれており、この数字が横領した金額と日付で、1つだけ伝票や領収書が見つからない数字が見つけます。

その金額は3000万円と大きなもので、その横には「クズマキ、大河内に陣中見舞い」と書かれていました。

そこで技術技能支援財団の経理担当である葛巻利幸(手塚とおる)を呼んで話を聞くことになりますが、何も知らないとしらを切り通した後、行方不明になってしまいます。

佐方貞人(上川隆也)は葛巻利幸(手塚とおる)の行き先に心当たりがあると輪泉琢也(正名僕蔵)に人員を割いてくれるように申し出ますが「特捜のやり方に口を出すな!」と言われてしまい、加東栞(本仮屋ユイカ)に葛巻利幸(手塚とおる)の今日の16時にみなと水族館で待ち合わせをするのではないかと思われるメモを見つけたことを話し、協力を仰ぎますが「上の指示に従っていればいい。」と言われ、1人で向かうことになってしまいました。

みなと水族館に着いた佐方貞人(上川隆也)に実は現場に来ていた加東栞(本仮屋ユイカ)から電話があり、葛巻利幸(手塚とおる)を見つけたと連絡があり、2人で追跡しますが、気付かれてタクシーに乗って逃げられてしまいます。

その後、佐方貞人(上川隆也)は輪泉琢也(正名僕蔵)から、葛巻利幸(手塚とおる)の従兄の岩舘啓二(春田純一)の事情聴取を行うよう命じられます。

岩舘啓二(春田純一)は余命いくばくもない母がいて面会時間に間に合わないからと事情聴取を早く終わらせて欲しいと頼みますが、輪泉琢也(正名僕蔵)は帰すことを許しません。

そこで佐方貞人(上川隆也)は雑談と称してある事件の犯人が取り調べで体調不良で病院に運ばれたことを話し、体調不良であれば後で問題になるので、事情聴取を続けることができないと言ってから、事情聴取を再開します。

そこで岩舘啓二(春田純一)は腹痛を訴え、佐方貞人(上川隆也)は万が一の場合、輪泉琢也(正名僕蔵)の責任問題になると言って帰すことになりました。

その後、岩舘啓二(春田純一)は葛巻利幸(手塚とおる)と連絡がついたが、居場所までは教えてくれなかったと佐方貞人(上川隆也)に話し、岩舘啓二(春田純一)はあの後、母親がすぐに亡くなり、体調不良で帰してくれなければ最期を見とれなかったことを電話で葛巻利幸(手塚とおる)に話して、佐方貞人(上川隆也)が担当するなら出頭することを約束させるのでした。

しかし葛巻利幸(手塚とおる)は出頭前に増元敬清(六平直政)に捕まり、脅されてしまいます。

出頭した葛巻利幸(手塚とおる)は大河内定和(寺田農)の事務所に3000万円が入った菓子折りを陣中見舞いを持っていったことを認め、中に3000万円が入っていることは知らなかったことと、去年、亡くなった大河内定和(寺田農)の第一秘書の丸井に園部勝也(稲田龍雄)が用意したものだと話し、園部勝也(稲田龍雄)は愛人のために犯した数千万円の横領を隠すための口止め料として丸井に支払ったと語り、この事件は園部勝也(稲田龍雄)と丸井の個人的なものだと主張すると、ちょうど大河内定和(寺田農)が会見を開き、丸井が園部勝也(稲田龍雄)から3000万円を受け取っていたという説明をしました。

園部勝也(稲田龍雄)と丸井の個人的な私的流用で事件を終わらせられてしまうことに焦った輪泉琢也(正名僕蔵)は佐方貞人(上川隆也)を担当から外し、庄司真生(松下由樹)を担当に任命します。

そこで庄司真生(松下由樹)は佐方貞人(上川隆也)に1日だけ猶予を与え、その間に加東栞(本仮屋ユイカ)と共に葛巻利幸(手塚とおる)の供述に間違いがないのか調べることになりました。

翌日、佐方貞人(上川隆也)は葛巻利幸(手塚とおる)の供述を裏返す証拠を見つけてきたので、事情聴取をさせて欲しいと言い、聴取を行うことになりました。

そして葛巻利幸(手塚とおる)が持っていった菓子折りの中に文庫本の小説「幕末慚刀伝」が入っていて、葛巻利幸(手塚とおる)の行きつけのお店である中華料理のお店に同じ文庫本の忘れ物があり、その日に持ち主の吉岡から問い合わせがあって、吉岡も葛巻利幸(手塚とおる)と同じ時間に同じお店で昼食をとっており、さらに吉岡も同じお店の菓子折りを持っていたことが判明し、偶然相席になった2人が間違えて吉岡が菓子折りを持ち去ってしまったため、供述のように3000万円が届くはずはないと追及しますが、葛巻利幸(手塚とおる)は、それでもしらばっくれます。

しかし吉岡の証言で菓子折りには「祈 必勝」という身に覚えのないのしが貼ってあったことと、3000万円は約3キロもあり、入れ替わったら持った瞬間にすぐに気付くはずであるため、そもそも3000万円が入った菓子折りなど存在せず、誰かに虚偽の証言をするように言われたのではないかと追及しますが、あくまで自分が運んだと葛巻利幸(手塚とおる)は主張します。

そこで佐方貞人(上川隆也)は増元敬清(六平直政)を立件し、裁判で真偽を問うことになった時、供述に嘘があれば家族を苦しめることになると言うと、葛巻利幸(手塚とおる)は観念し、3000万円が入った菓子折りを持っていっていないことを認め、増元敬清(六平直政)に園部勝也(稲田龍雄)と丸井の個人的な私的流用ということにすると指示されて嘘の供述をしたことを白状するのでした。

さらに菓子折りを持っていったとされる日に丸井と園部勝也(稲田龍雄)は同じホテルに宿泊し、このホテル内で3000万円を渡した可能性があるので、佐方貞人(上川隆也)は同行した園部勝也(稲田龍雄)の愛人から事情聴取をさせて欲しいと近田慶彦(矢島健一)に願い出ますが、全てを覆したことで、これまで積み上げてきた時間を無駄にされたことに激怒して反対されてしまいます。

すると佐方貞人(上川隆也)は弱い人間を巻き込み事実を捻じ曲げようとした近田慶彦(矢島健一)や輪泉琢也(正名僕蔵)がやっていることは大河内定和(寺田農)や増元敬清(六平直政)がやっていることと何ら変わりはない恥ずべき行為だと言い放ちます。

それを聞いた近田慶彦(矢島健一)は「君のような人間は必要なない。」と言い、佐方貞人(上川隆也)を外してしまうのでした。

担当になった庄司真生(松下由樹)は佐方貞人(上川隆也)が言っていた愛人周りを捜査し、園部勝也(稲田龍雄)が自分の身を守るために愛人に預けていたICレコーダーを発見し、その後、近田慶彦(矢島健一)を始めとした東京地検特捜部は大河内定和(寺田農)と増元敬清(六平直政)を逮捕するのでした。

 

スポンサードリンク




 

キャスト

 
佐方貞人(上川隆也)

庄司真生(松下由樹)

加東栞(本仮屋ユイカ)

小山哲明(和泉崇司)

兼先守(山口馬木也)

近田慶彦(矢島健一)

輪泉琢也(正名僕蔵)

園部勝也(稲田龍雄)

葛巻利幸(手塚とおる)

増元敬清(六平直政)

清水沙代(真野恵里菜)

清水亮子(黒田福美)

大河内定和(寺田農)

佐方陽世(中原丈雄)

筒井義雄(伊武雅刀)

 

スポンサードリンク




 

感想

 
輪泉琢也(正名僕蔵)の強引な取り調べは、やってなくてもやっていると思わず言ってしまいそうなほど強引な取り調べでしたね!

最後まで嫌な感じのキャラで終わりましたが、近田慶彦(矢島健一)と輪泉琢也(正名僕蔵)に佐方貞人(上川隆也)が増元敬清(六平直政)と大河内定和(寺田農)とやっていることは変わらないと言い放った時はスカッとしました。

『スカッとジャパン』なら、佐方貞人(上川隆也)がそのまま捜査できるんしょうけど、やっぱり2人にはそんな言葉は響かずに外される辺りがリアルでしたね!

さりげなく庄司真生(松下由樹)がフォローする名コンビぶりもさすがでした。

今回で第3弾なので、まだまだ続編がありそうですね!

次回の硬骨の検事・佐方貞人でも正義を貫く姿を期待したいですね!

 
関連記事

【氷の轍】ネタバレあらすじと感想「犯人の動機&余貴美子と宮本信子の演技が悲しく切ない」

【デスノート 逆襲の天才】あらすじのネタバレと感想「ミサミサがかわいい&松ケンのひょっとこに爆笑」

【特命指揮官 郷間彩香】あらすじのネタバレと感想「真剣佑の不気味なラストで連ドラ続編に期待」

【おみやさんスペシャル2】あらすじのネタバレと感想「三浦涼介の中学生役と神尾佑の悪役に感動」

【渡る世間は鬼ばかり 2016 後編】あらすじネタバレと感想「文子が離婚で愛の結末は?」

【渡る世間は鬼ばかり 2016 前編】あらすじネタバレと感想「貴子は妊娠・愛は離婚危機に」

 

関連記事

  1. 6a7641e44fc70a4848492c2ca8897850_s

    【ものまね王座決定戦 2016】11月25日の優勝者は?「結果&出演者の選曲ネタと得点まと…

  2. 9559b994e2d327690a1544e72357c083_s

    【しあわせの記憶】ドラマのあらすじネタバレと感想「渡辺謙の私物阪神グッズが話題」

  3. 4c3187388113a801a99b9c8def01e432_s

    【母になる】2話のネタバレあらすじと感想「道枝駿佑の棒演技は小池栄子の手紙の指示だった」

  4. fb00cbb2efe1c40dfc8aedeff3557482_s

    【ドラマ・ミステリーズ】情けは人の(向井理)のネタバレあらすじと感想「結末は小澤征悦と大西利空が黒幕…

  5. 14e2e51c36262ed8239d40fa72c17189_s

    【teppen ベンチプレス】9月の結果!優勝者と順位&出場者の回数は?体重とバーベルの重…

  6. 209b4ba5dbb88826d9ca551f51dd28f5_s

    【成り上がりジャポン 夜カフェ編】最終回の結果!店長に合格したのは廣瀬聡子と越比都美のどっち?

  7. 8739e246b9a7b564e227c8d15198f525_s

    【ウォーキングデッド シーズン7】原作6巻のあらすじネタバレ「第18話 待ち受ける世界」

  8. 4c3187388113a801a99b9c8def01e432_s

    【母になる】3話のネタバレあらすじと感想「小池栄子と沢尻エリカの立場の違う母の演技に号泣」

  9. 8739e246b9a7b564e227c8d15198f525_s

    【ウォーキングデッド シーズン7】7話のネタバレあらすじと感想「ニーガンのカールへの罰はアイロン?」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP