【ドラマ・ミステリーズ】妻の女友達(大泉洋)のネタバレあらすじと感想「結末は戸田菜穂が予想外の展開に」

fb00cbb2efe1c40dfc8aedeff3557482_s

4月22日放送の『土曜プレミアム・ドラマミステリーズ~カリスマ書店員が選ぶ珠玉の一冊』では、全国のカリスマ書店員が推薦する結末に驚く絶品の短編小説として小池真理子著 「妻の女友達」が大泉洋主演でドラマ化されることになりました。

果全国のカリスマ書店員が推薦する驚きの結末とは、果たして?

気になる「妻の女友達」のキャスト/あらすじ/感想をネタバレでお届けしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

「妻の女友達」のあらすじ

 

広中肇(大泉洋)は、市役所の戸籍係。

妻・志津子(戸田菜穂)と3歳の娘・ちえみ(井上風宇子)と、慎ましやかな暮らしをしている。

真面目一辺倒の肇は、仕事が終われば、まっすぐ家に帰って家族だんらんをするだけの平凡な日々だ。

ある夜、突然志津子の大学の同期・多田美雪(高岡早紀)がやって来る。

美雪は、女流作家としてブレイクした有名人。

久しぶりの再会をなつかしんだ後、美雪は志津子に、専業主婦でもし暇があるのなら自分のマンションの掃除や料理を週一回してくれないかと頼む。

異世界からやってきたような美雪が嫌でたまらない肇。

まるで家政婦のような扱いになっていく志津子が不憫でたまらない肇は、美雪がいなくなってくれればという思いを募らせる。

そんな時、志津子の実家の母親が倒れ、彼女は娘を連れて泊まりがけで見舞いに行くことになる。

そこで、肇が動き出す…。

出典:http://www.fujitv.co.jp/mysteries/

 

スポンサードリンク

 

「妻の女友達」の結末あらすじ

 
広中肇(大泉洋)は監視カメラに顔が映らないようにフードをすっぽり被り、オートロックのインターホンも指紋が付かないようにハンカチで部屋番号を押して多田美雪(高岡早紀)の部屋へと向かいます。

広中肇(大泉洋)は部屋に入る前にスーツに着替え、ドアを開ける時もハンカチで指紋が付かないようにして多田美雪(高岡早紀)の元に向かうと、多田美雪(高岡早紀)は志津子(戸田菜穂)が作り置きしておいた夕食を机の上に置いておくように指示します。

すると広中肇(大泉洋)は志津子(戸田菜穂)が作り置きしておいた夕食を持ってくるのを忘れたことを伝えると、多田美雪(高岡早紀)は「だったらあんた何のために来たの?ホント役立たずね!さっさと帰って!」と言い、大音量でクラシックを聞きながら、執筆活動の続きを始めてしまいました。

そんな志津子(戸田菜穂)に広中肇(大泉洋)は後ろから近付き、ネクタイで首を絞め、志津子(戸田菜穂)を椅子に縛り付けにしてしまいます。

志津子(戸田菜穂)が目を覚ますと、広中肇(大泉洋)は部屋にあったピアノで「エリーゼのために」を弾き、広中肇(大泉洋)は多田美雪(高岡早紀)に敬語を使うように要求し、敬語を使わないと椅子をそのまま後ろに倒して置き上がれないようにしてしまいます。

そして広中肇(大泉洋)は多田美雪(高岡早紀)に向かって「ブス!ブス、ブス、ブス、ブス!お前なんかより志津子の方が全然美人だよ!俺の志津子を奪ってんじゃねぇよ!つまらない男で悪かったな!役立たずで悪かったな!でもな、志津子はそんな俺を愛してるんだよ!俺じゃなきゃダメなんだよ!お前じゃねぇんだよ!」と叫び、タバコを吸わせます。

広中肇(大泉洋)は灰皿代わりに高級な皿を落として割り「どいつもこいつも俺をバカにしやがって」と、今までのあらゆる怒りを多田美雪(高岡早紀)にぶつけると「ちっちゃい男」と言われてしまうのでした。

それを聞いた広中肇(大泉洋)は灰皿にあった灰を床にぶちまけ、その灰皿で多田美雪(高岡早紀)を手にかけてしまいます。

その後、広中肇(大泉洋)は家に帰って微笑むと、スーツのHHとイニシャルが書かれたボタンが1つ取れているのを発見し、多田美雪(高岡早紀)の部屋においてきてしまったのではないかと焦ります。

翌日、多田美雪(高岡早紀)の事件がニュースとなり、第一発見者は志津子(戸田菜穂)で、広中肇(大泉洋)が家に帰ると、志津子(戸田菜穂)は大切な友達を亡くしたことにショックを受けて泣き崩れていました。

そんな中、警察が広中肇(大泉洋)に話を聞きたいとやってきて、話を聞いた後、ちえみ(井上風宇子)のぬいぐるみの目に広中肇(大泉洋)が落としたHHのボタンが縫われていることに気付きます。

広中肇(大泉洋)は志津子(戸田菜穂)にぬいぐるみのボタンのことを聞くと、志津子(戸田菜穂)の部屋で見つけたことを語り、多田美雪(高岡早紀)の姿を見て、いつかこうならないかと少し期待していたことを打ち明けます。

志津子(戸田菜穂)は警察が気付く前に気付いてよかったことと、ちえみ(井上風宇子)の父親が犯罪者なんてかわいそうだからかばうことを語るも、あなたといても刺激がないと離婚を要求されてしまいます。

そして志津子(戸田菜穂)は料理教室の先生を愛していると語り、今まで料理教室の先生の所にほとんど通っていて、多田美雪(高岡早紀)に始終こきつかわれていたわけではありませんでした。

さらに母親の病気も嘘で、実家にちえみ(井上風宇子)を預けて料理教室の先生と旅行をしていたのでした。

それを聞いた広中肇(大泉洋)は新婚旅行で沖縄に行ったことを話し出し、また一緒に2人で行こうと言い出し「志津子は俺がいないとダメだから、離婚は絶対にしない。」と言うと、志津子(戸田菜穂)は「ボタンのことを警察に全部話す。」と言ってしまいます。

すると広中肇(大泉洋)は「待っててくれるだろ?出てくるまで!志津子、おいで!」と言い、両手を広げるのでした。

 

スポンサードリンク

 

登場人物(キャスト)

 
広中肇(大泉洋)

多田美雪(高岡早紀)

志津子(戸田菜穂)

ちえみ(井上風宇子)

 

感想

 
大泉洋が出てるドラマや映画には外れがないって、いつも思いますけど、今回も面白かったですね!

大泉洋の演技にかなり引き込まれるし、演技の振れ幅が今回は特に凄かった。

そして、いい妻、かよわい妻って感じの志津子(戸田菜穂)が、まさか不倫をしていたとは…

さらに隠蔽まで図る辺りが、かなりの悪女っぷりで、これで終わりかと思いきや、広中肇(大泉洋)がそれを上回る狂いっぷりが凄かったですね!

サイコっぷりは『水曜どうでしょう』の「おいパイ食わねぇか?」に匹敵するほどのサイコっぷりでした。

そして最後のシーンはクラシックの曲も相まって、見ようによっては『新世紀エヴァンゲリオン』の 渚カヲルくんのようにも見えてしまいました。

相手が戸田菜穂じゃなくて藤村忠寿だったら、大泉洋が両手を広げてたら相撲を取る流れなんでしょうけど、最後のあの不気味な終わり方が、しばらく忘れられなくなりそうな作品でした。

 
関連記事

【ドラマ・ミステリーズ】情けは人の(向井理)のネタバレあらすじと感想「結末は小澤征悦と大西利空が黒幕」

【ドラマ・ミステリーズ】恋煩い(土屋太鳳)のネタバレあらすじと感想「結末は井之脇海に思いを寄せる女」

 

関連記事

  1. 6a7641e44fc70a4848492c2ca8897850_s

    【ものまねグランプリ 2017】5月16日の結果「出演者の部門別順位と優勝者は?ネタと得点も」

  2. 209b4ba5dbb88826d9ca551f51dd28f5_s

    【成り上がりジャポン 夜カフェ編】大谷秀政社長の第一次選考が独特すぎてヤバイ!

  3. 62e05de6f74538f065fb3fcac7a786e9_s

    【あなたのことはそれほど】原作漫画3巻(13・14話)のネタバレあらすじ「有島光軌と最後の夜」

  4. 9559b994e2d327690a1544e72357c083_s

    【しあわせの記憶】ドラマのあらすじネタバレと感想「渡辺謙の私物阪神グッズが話題」

  5. 8739e246b9a7b564e227c8d15198f525_s

    【ウォーキングデッド シーズン7】原作7巻のネタバレあらすじ「第19話・後半 スペンサーの裏切り」

  6. ce1611f777ceeaf4fd6a9552f7ff65e1_s

    【成り上がりジャポン 赤迫社長の女子ラーメン編】最終回の結果 ネタバレ!合格者は甲利真一郎か?黒須太…

  7. 97ca2a6aa1c8428c57dc8f7f4ad29f4c_s

    【関ジャニ∞のモーツァルト 音楽王決定戦 】 第4弾の結果「ピアノの優勝者は黒木雪音」

  8. 55719809ab17ef66be062fc945011825_s

    【ローカル路線バス乗り継ぎの旅 第25弾 最終回】福島(会津若松)~秋田(由利本荘)の経路と運賃総額…

  9. 469217a09e70bb0f471b48836e7ac330_s

    【恋ヘタ】最終回12話のネタバレあらすじと視聴率&感想「結末の田中圭と淵上泰史がカッコよす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP