【やりすぎ都市伝説 2016 夏】オリラジ中田が歴史的発明の裏にいた日本人佐々木正を語る!

b24ef73a2b19e5b4871f56bb3f5883f0_s

6月24日放送の『やりすぎ都市伝説SP 2016 夏』で、オリエンタルラジオの中田敦彦によって語られた「あの歴史的発明の裏にいた日本人 佐々木正」の内容をネタバレでお届けしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

佐々木正と日本人の天才とのつながり

 
世界的にマンゴーというと黄色いマンゴーですが、日本で生産されているマンゴーのうち9割以上が赤いマンゴーで、名前はアーウィン、通称:アップルマンゴーと呼ばれています。

なぜ日本でだけこの赤いマンゴーを食べているのかというと、作ったのは電機メーカー「シャープ」の元副社長である佐々木正で、シャープに入社する、はるか前の高校生の時に、卒業制作の研究課程として作られました。

そして高校時代の卒業製作で、新しいマンゴーを作った天才は他にも凄い物を作っていました。

それが電卓で、昭和初期の巨大な電卓をコンパクトにすることに成功します。

その後、佐々木正が副社長になった時に若干20歳の若者が「新しいビジネスのアイディアがあるんです。他の会社では斬新すぎて門前払いを食らってしまいました。佐々木さんあなたはどうか話を聞いて下さい。」と訪ねてきて、電子翻訳機のアイディアを話すと、佐々木正は先見の明があったため「この若者見どころがあるぞ!」と思い、20歳の若者にその当時でいう1億円をアイディア料として渡してシャープが商品化しました。

その商品が「ポケット型電訳機IQ3000」という商品で、これは世界で初めてのポータブル翻訳機になりました。

そして1億円をもらったという若者はそのお金を元手に会社を起こしました。

その若者こそがあの孫正義だったのです。

なんとも凄いつながりですが、ただつながりは彼だけではありませんでした。

世界的に有名なあの人とも実はつながっていたのです。

 

スポンサードリンク

 

佐々木正とアメリカ人の天才とのつながり

 
小型翻訳機の噂を聞きつけて佐々木正の元にやってきたのが、あのスティーブ・ジョブズだったのです。

スティーブ・ジョブズが熱心に会いたいと言って面会が実現し、佐々木正にビジネスのルーツを聞くと「僕のビジネスのルーツはアップルマンゴーなんですよ!北国のりんごと南国のマンゴーという対極にあるものをかけ合わせて、新しい物を作るこれがビジネスだよ!」という話に感銘を受けたスティーブ・ジョブズは数年後「i pod」を作ります。

操作性や機能性もさることながら、ライバル会社のマイクロソフトの「Windows」でも使えるようにしたことにより世界を制することになります。

対極の物をかけ合わせるという発想がここで生かされての大ヒットとなったわけですが、そんな天才たちを動かした男、佐々木正は現在も存命で101歳になり、最近のインタビューでは、今の夢について聞くと「私の夢は120歳まで生きることです。その方法と理論私の頭の中にあるんです。」と答えたという。

 

感想

 
たいていこういう話は、もう亡くなっている偉人の話が多いのですが、佐々木正は未だに存命で、101歳という年齢にも驚きですが、この人なら120歳を超えてしまう。

そんな気さえ起こさせる天才ですね!

イチローが目標をずっと笑われてきたけど、達成してきたと語っていましたが、この佐々木正もホラ吹きと言われ、それを全て実現してきているので、やはり天才は常人がつい嘘だと思ったり、笑ってしまうようなことを成し遂げてしまう存在なのだなとつくづく思いました。

きっと120歳も実現させて、ホラ吹きと言った人達を見返すことでしょう。

 
関連記事

【やりすぎ都市伝説 2016 冬】オリラジ中田が椋平虹の椋平広吉を地震を予知し過ぎた日本人として紹介!

【やりすぎ都市伝説 2017 秋】関暁夫が手にマイクロチップを埋め暗号通貨とキャッシュレス社会とIoTを語る!

【やりすぎ都市伝説 2017 夏】関暁夫がロシアのクライオニクスとヒューマンプラスで人類の火星・地下・VRへの移住を予言!

【やりすぎ都市伝説 2016 冬】スティーブ・ジョブズの隠しメモと25周年周期で巡る日本の奇跡

【やりすぎ都市伝説 2016 冬】関暁夫がビルダーバーグ会議でロックフェラーとロスチャイルドがAI大統領を誕生させる?

【やりすぎ都市伝説 2016 冬】関暁夫予言SP「VR(仮想現実)のパラレルワールド移住で人間が永遠の命を手に入れる」

【やりすぎ都市伝説 2016 冬】関暁夫予言SP「トランプの裏にトランスヒューマニズムが関与」

【やりすぎ都市伝説 2016 秋】関暁夫がSiriの嘘と人工知能vivが人間選別を2018年に開始する未来を予言!

【やりすぎ都市伝説 2016 夏】関暁夫が死海文書の預言解読で2018年終末と人間選別で火星移住が始まると予言!

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. 2ab9ed8594bea14854b14344392979ae_s

    【フランケンシュタインの恋】4話のネタバレあらすじと感想「深志研(綾野剛)が津軽継実(二階堂ふみ)に…

  2. 6fff4b46eccd8aa6257d53d09783543b_s

    【リバース】ドラマ1話のネタバレ感想とあらすじ「蜂蜜や蕎麦が湊かなえの伏線?」

  3. aeb5bc86544de6735665967499f2efe4_s

    【画像】山崎晃嗣の東大・光クラブ事件と三島由紀夫の関係は?テレビやドラマのモデルにもなった黒歴史!爆…

  4. ecaf524e96195af536ce486c70357f78_s

    【やりすぎ都市伝説 2017 夏】関暁夫がロシアのクライオニクスとヒューマンプラスで人類の火星・地下…

  5. DSC_0190

    【ミスチル 2017】東京ドームのセトリと6/29のライブレポ&感想「25周年グッズ販売の混雑状況は…

  6. bddecf2986747b3ae2431c64a87be6f1_s

    【小さな巨人】最終回10話のネタバレあらすじと感想「犯人は金崎玲子(和田アキ子)で黒幕は?」

  7. aedc116db1b10644b1feb66be93a88c3_s

    【ナイナイアンサー】シングルマザー人気女優A子は誰?4歳年下インストラクターQ太郎のプロポーズが素敵…

  8. 97eb53190dea5ba47863e4f9394d17d8_s

    【有栖川宮事件】犯人の坂本晴美と北野康行の現在やその後は?「写真に芸能人も騙された詐欺」

  9. 0853947b93f23fd90fa8916ca19a7c1e_s

    【世にも奇妙な物語 2017 秋】寺島のネタバレあらすじと感想「吉岡里帆の演技と結末が怖すぎる」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP