高島礼子謝罪記者会見全文速報!五十川敦子とは10年前に一度会っていたことが判明!

2fee35efaecb94e4b4624b2e351de370_s

本日、6月30日に京都市で高知東生が逮捕されたことを受けて妻である高島礼子が謝罪記者会見を行いました。

会見で語られた全文内容とまとめについて速報でお届けしていきます。

 

スポンサードリンク




 

高島礼子の謝罪記者会見の全文内容は?

 
高島礼子「この度はお忙しい中お時間を頂きまして大変申し訳ありません。合わせまして遠方から来られている皆様にも重ねてお詫び申し上げます。」

ここで高島礼子が深々と礼

高島礼子「本来ならばもっと早く皆様の前に出てお話しすることも考えましたが、気持ちの整理と事実関係が少しでも明らかになってからと思い、このような時期になってしまいました。そして私自身も一緒に暮らしていた者として事情聴取と検査を受けなければいけませんでしたので、そして先ほど事情聴取が終わりましたので、そのご報告も合わせて皆様に貴重な時間を頂いた次第です。よろしくお願い致します。」

ここで高島礼子が一礼

記者「まず最初に、ご主人が逮捕されたというのを聞いた時にはどんな感想をお持ちでした?」

高島礼子「あの~本当に、あの~もう冗談かと思うほどに実感がありませんでした。」

記者「一緒に逮捕されてる五十川容疑者がいるんですが、同じ業界でやっていたりするんですけど、高島さんは面識はあったんですか?」

高島礼子「友人から10年ぐらい前に友人の友人として紹介をされて会っているらしいです。ただ正直10年前だし、1度だけなので、それから先はお付き合いがないので、お名前もいわゆるあだ名のような感じで呼んでましたし、賛助会員というのも正直お店のことというのは名前とかぐらいで関与してませんでしたので、全くわかりませんでした。」

記者「ご主人と仲がいいということも、ご存じなかったですか?」

高島礼子「全く、彼女の存在自身も、あの~なかったものすから」

記者「今思えばということで、ご主人が自宅でも使用していた。外で様子が変だとかそういうことに気がつかれたことはありませんか?」

高島礼子「いや、本当に、本当にわかりませんでした。」

記者「汗をかくとかいろんなことがあるようですけども」

高島礼子「汗をかくということに感しては私も汗をかきます。それでいろんな方に言っても一言でまぁ加齢とか、まぁそういうもんだからと思ってましたので、汗をかくとかいうことでっていうよりも、私の中にその~クスリ関係のことが起こるということ自体が想像もしたことがなかったので」

記者「夫婦として日々暮らしていく上で、何か思い当たる変化はなかったんですか?」

高島礼子「それも全く気付きませんでした。元々彼は喜怒哀楽というか物凄い感情が豊かな人なので怒る時は怒るし、泣く時は泣くし、楽しい時にはっていうところが結婚当初から出会った時からそういう人でしたので、例えばいわゆるそれがそういう兆候だったという風に言われてもわからないですね。」

記者「出会った時からということですよね?」

高島礼子「もう基本的にそういうなんかわかりやすく言うと明るい人なんですよ。なので、あの~その~どちらかというと明るい、常によくしゃべるし、まぁ情熱的というか曲がったことが嫌いじゃないけども、なんかそういうところで熱い人間だったので」

記者「高島さんのお父さんの介護をやるということが芸能界を辞める大きな理由という風に伝わってきてるんですけど、実際はいかがだったんですか?」

高島礼子「あの~その件に関しましては彼から父の介護で辞めるというのは一言も聞いておりません。私は彼自身がお店自体は5月に横浜店をオープンしましたけど、もう7年8年という長い年月お店をずっとやってました。なので、その~彼にはやりたいことがあるわけですよね。それで一緒にどなたかと組んで一緒に仕事をするに当たって、いわゆる彼の性格的に芸能人が片手間に商売をやるということが相手にとても失礼だと、だから二足の草鞋を履くことは自分には合わないと、やっぱり相手に対する礼儀として辞めると、彼の意志は強かったですね。」

記者「じゃあ報道で介護のために辞めるということが言われていました。聞いた時にはどんな風に思われていたんですか?」

高島礼子「彼にとって介護というのは私の認識ではもう当たり前のことで、要するに介護というのは私結婚してからすぐのことだったので、まぁ私を見てきた中で家族が協力をしてやることは当たり前で、しかも手伝うことは当たり前だから介護のために仕事を辞めるってことは私には考えにくいことでした。だから彼の言うことを信じました。実際に10数年という長きに渡ってやっているものですから、たくさんの方の力を借りまして、システムのように父親を支えて下さる皆さんがいるので、そんなに一生懸命何かをしなければならないということはありませんので、だから正直彼がやることというのは私ができてしまうことも多々あったので、特に…確かにやってることは少なかったと思います。」

記者「今お父様の自宅には全く行かれていない。最初から行かれてなかったということですか?」

高島礼子「いや、そういうわけではないですけど、少なかったことは確かです。それは別に私と彼のいわゆるスケジュールが合わないので、向こうも自分のタイミングで父親に会いたい時には会えるので、でもやっぱりヘルパーさん、関わってくれてる皆さんのミーティングをしなければならないということがありますので、彼のスケジュールに合わせるのは大変だったので、基本私のスケジュールに合わせていたので、彼がそれに合わせてくるということは確かに少なかったです。ただやってくれたとしたら最近で言うならば地方に行っている時に、どうしても重要な決断をしなければいけない時は彼に代わりに病院の方に行ってもらって、お医者様たちとお話しをして頂いたというのは、これは事実です。」

記者「以前から冷めていたとか、最近話をしていないとか、そういうことはありませんでしたか?」

高島礼子「あの~正直ないんですね。あの~」

ここで高島礼子が言葉を詰まらせ涙を流します。

高島礼子「私自身は変な話、同士のような親友のような気持ちでいたので、どちらかというと仲がいいと思っていたので」

記者「愛人関係と思われても仕方ないけども、知人ですと話してるようですが、その言葉はどのように受け止められますか?」

高島礼子「あの~本当に情けない話ですけども、女好きとも言われているんですけども、あの~なんていうのかな、彼は女も男も関係ないところがありまして、だからこそお店をやっていても若い従業員とも関係なく接するから口うるさかったりとか嫌われるタイプなんですね。だから女性がいるというようなことも、逆に敬遠されてるぐらいと思っていたので、全く想像できなかったですね。」

記者「おしどり夫婦と言われていましたけども、そうすると今まで私達が見ていた高島さんのことを支えていたのは高知さんという認識がしていたんですけども、その関係というのはどうだったんですか?」

高島礼子「私はそう思っていましたけど、今回の件で彼がやったことは、もうあまりにも大きな罪ですから、あの~裏切りでもあり、あの~許せるとか許せないとかそういうレベルの問題でもなくって、これは重大なことですから、正直今感じとして私の中で彼の不倫のことよりも彼女のことよりもそのやっぱり絶対手を出してはいけないものに手を出してしまった。彼の思いの方が不思議でしょうがなくて」

 

スポンサードリンク




 

記者「高島さんの中でこれから夫婦をどうしていこうと考えていますか?」

高島礼子「正直まだ心の整理がまだっていうところはあるんですけど、今は妻としての責任もあると思っています。気付かなかったとか知らなかったとか、もうそういうことを大声で自慢できることでもなく、本当に皆さんがなんで気付かなかったんだと思うのは当然のことだと思いますけど、本当にわからなかった。でもそれに対して今後妻としての責任とか彼が深く反省してこれからどうやって1からというかマイナスからですね。更生して人生やり直していくかっていうことを見極めたいとも思いますけども、ただ今私を…」

ここで高島礼子が再び言葉を詰まらせ涙を流します。

高島礼子「支えて下さる大勢の方がいまして、その方達をまた私が裏切ったり悲しませたりとかそういうことだけは絶対にしたくないです。」

記者「離婚という形は考えられないということですか?」

高島礼子「いやそういうことではなくて、まぁそれもその中の一つで、私が自分のために自分を守って支えて下さる方のために、そういう決断をしなければいけないというのも一つちゃんとしっかりと現実を見て、今後の彼の動向を見て判断しなければならないと思います。」

記者「今回妻にとっては2つの裏切りですよね?」

高島礼子「あまりにも突然きてしまったので、あの~ただ本当に悲しいとしか言いようがないんですけども、ショックというよりも今は私自身がしっかりしてやるべきことをしっかりと最後までやる。」

記者「今日事情聴取があったと聞いたんですが、差し支えない範囲でその中身を教えて頂けないですか?」

高島礼子「それに関しましては今本当に捜査中です。内容に関してはコメントは控えさせて頂きます。」

記者「検査はされたんですか?」

高島礼子「はい、しました。」

記者「尿検査?」

高島礼子「はい。」

記者「結果は出ました?」

高島礼子「結果はまだ数日後だと聞いています。」

記者「尿検査ということですか?」

高島礼子「はい、そうですね。」

記者「数日かかると」

高島礼子「はい、そういうことです。」

記者「ご主人にかけたい言葉というのはありますか?」

高島礼子「とにかく彼自身も自分がどれほどのことをしてしまったかということをしっかり理解して欲しいです。そして包み隠さずじゃないですけども、その反省の証として言えることはちゃんと捜査官の方にちゃんと協力をして反省をして欲しい。そして更生していく中で頑張って欲しいと思っています。」

記者「お父様にはそれは報告されたんですか?」

ここで高島礼子が再び言葉を詰まらせ涙を流します。

高島礼子「すいません。」

記者「17年間の夫婦生活があってここまでの辛い仕打ちと言いますか思いをさせられたということに関していかがでしょうか?」

高島礼子「辛いというか本当にある意味疑いもしなかったし、楽しく夫婦生活をしていたつもりなので、あの~本当に実感がというか、あの~沸かない今そういう心境です。」

記者「お父様は何とおっしゃられたんでか?」

高島礼子「すいません。父には内緒にしております。ヘルパーさんにお願いして父にはその辺は伝えないように父自身がどこまで理解するかという今病状ではあると思うんですけど、これ以上は…」

記者「最後に、ご主人に会ったのはいつでどんな話をされたんでしょうか?」

高島礼子「最後ですよねぇ~本当に今長く東京を離れていましたので、本当申し訳ないですけど、最後どうだったっけなぁ~って思い出せないですねぇ~いつだったんだろう?」

記者「京都に出かける直前?」

高島礼子「そうですね。ごめん。京都に長く行くからって言ってそういう話をした…かな?」

記者「ファンの方が本当に心配してると思うんですけど、最後にファンの方にメッセージお願いできますか?」

高島礼子「あの~心から本当に心から」

ここで高島礼子が再び言葉を詰まらせ涙を流します。

高島礼子「たくさんの方が励まして下さいましたので皆さんのためにも、あの~今回しっかりと向き合って乗り越えたいと思います。皆様が私を支えて下さったことにとても感謝していますし、裏切らないように悲しませないように大人な判断を下したいと思っていますので、申し訳ありませんでした。」

記者「体調はどうですか?」

高島礼子「あの~私は元気です。はい。」

記者「高知さんと過ごされていたこと、これに関しては後悔はないと考えていますか?」

高島礼子「今はそういう実感はやはり自分が決めた結婚ですから、そりゃ普通の夫婦喧嘩もありますけど、意外とそういうことでは結婚する前の方が散々戦ってきたので、結婚してからはそんなに大きなケンカというのはなかったんですね。だからあの~今、後悔というか一応結婚…まだ妻ですから、あの~え~とそうですね。彼をどう支えるかしっかりと考えていきたいと思っています。」

記者「お仕事続けてらっしゃると伺っているんですけども、周りの方はどんな言葉をかけて下さってますか?」

高島礼子「そうですね。あの~そういうことにあまり触れないようにして下さるのが凄くありがたいです。あの~本当に本当に今のドラマに関しましては責任を持って務めていきたいと思ってますけども、それよりもこうやって守って下さっている皆様に対する感謝の気持ちの方が今は強いので、はい。」

記者「どうもありがとうございました。頑張って下さい。」

高島礼子「ありがとうございました。すいません。本当にすいませんでした。」

高島礼子が深々と礼をして謝罪会見は終了しました。

 

まとめ

 
会見の中でわかったことをまとめると…

・五十川敦子とは10年ぐらい前に友人の友人として紹介されて一度会ったことがあるものの、あまり覚えていない。→高知東生とは7年前から愛人関係なので、10年前だとまだ高知東生とは不倫関係ではない時に会っているということになりますね!

・高島礼子の父親の介護で辞めたわけではなく高知東生がお店をやりたくて辞めただけで、ほとんどの介護はヘルパーが中心になってやっていた。→義理の父親の介護で引退という美談はどこからそんな話が出てきていたのだろうか?

・出会った頃から喜怒哀楽が激しかった。→出会う前からもしやっていたとしたら元々そういう人だという認識になるので気付くことは不可能だと思われます。

・離婚も視野に入れている。→変に妻としての責任を感じて高知東生の更生に頑張る必要はないと思います。

・高島礼子も尿検査を受けていた。→検査はないとも言われていましたが、結局したんですね!潔白を証明するために本人から申し出た可能性もありますね!

・高島礼子の父親には高知東生の逮捕は伝えていない。→これは伝えない方がいいですよね!正しい判断ではないかと思います。

会見を見ていても本当にかわいそうでした。

高島礼子も被害者であるにも関わらず謝罪しなけらばならないというのは見ていていたたまれない気持ちになりました。

どう見てもすっぴん状態の高島礼子の方が五十川敦子よりもキレイでしたし、この事件で仕事が減るのはもったいないので、今後もこの事件とは関係なく女優として羽ばたいていって欲しいと願っております。

 
関連記事

五十川敦子の卒アル画像は押切もえ似?出身高校が鎌倉のどこの学校かも気になる!

五十川敦子の元彼のアイドルAとお笑い芸人Bは誰?大野智と浜田雅功がネットでは多数!

高知東生が逮捕されたホテルはどこ?五十川敦子のクラブや清原和博との共通点も気になる!

高知東生が資格取得のエステ店はミヤネ屋で紹介され口コミはオール5なのはヤラセのステマか?

 

スポンサードリンク




関連記事

  1. fb00cbb2efe1c40dfc8aedeff3557482_s

    五十川敦子の元彼のアイドルAとお笑い芸人Bは誰?大野智と浜田雅功がネットでは多数!

  2. 81d0ecb088c3a9679e3054aaf6483417_s

    青学大箱根優勝メンバーで捜査されてるのは誰?久保田和真で逮捕の可能性は?

  3. 7983970d28e6359d2cf2884fe4825dc6_s

    【画像】アンタッチャブル柴田の元嫁は元ダンサーでファンキー加藤は友人の妻と不倫!

  4. cc45116d93d5c6ffcdd20a91e74358f3_s

    大谷亮介の現在の嫁や子供は?息子の高畑裕太の祖父はサッカー界のスゴイ人と判明!

  5. 1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

    鳩山邦夫の病気ががんなら肝臓や腎臓か?息子の太郎さんが後継者に?

  6. 89ca8c4bd771a707e59070d774e9fa8c_s

    九重親方の鹿児島の病院はどこ?UMSオンコロジークリニックで先進医療で評判のがん治療を受けていた!

  7. cc45116d93d5c6ffcdd20a91e74358f3_s

    高畑裕太逮捕の賠償金で石井光三オフィスの倒産と高畑淳子の破産の可能性は?

  8. 7983970d28e6359d2cf2884fe4825dc6_s

    ファンキー加藤の嫁と柴田の元妻の画像比較と厚生労働の入手方法公開!

  9. 469217a09e70bb0f471b48836e7ac330_s

    中谷美紀の彼氏のティロ・フェヒナーの画像や結婚は?ドイツ人ビオラ奏者がイケメンすぎる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP