荻上チキが週刊文春の不倫二重生活の内容をラジオで謝罪【釈明全文】をまとめてみました。

news

7月6日放送のTBSラジオ『荻上チキ・Session-22』では、7月7日発売の『週刊文春』で報じられることになった不倫と一夫二妻生活について荻上チキが番組冒頭で語りました。

一体どのような内容だったのでしょうか?

番組で語られた内容をお届けしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

荻上チキが『週刊文春』の不倫二重生活の内容をラジオで釈明!

 
今日はオープニングから少し皆さんにお時間を頂きまして私、荻上チキの方からお話ししておきたいことがあります。

すでにインターネット上にも記事の一部が配信されているので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、明日発売の『週刊文春』で、私のプライベートに関する記事が掲載されます。

記事の見出しは「スクープ!TBS夜の顔!荻上チキの一夫二妻生活!」というふうにあります。

一人の夫にたいして二人の妻と書いて一夫二妻生活という見出しです。

内容は僕の現在の家族状況に関してのものです。

この点について私ごとではあるんですけども、最初に少しお話しさせて頂きたいなと思っております。

リスナーの方はね、すでにご存知だと思うんですが、私には妻とそして子供が2人います。

その妻に対して去年2015年の夏頃、僕が他の女性を好きになってしまったというような事実を告げました。

そして離婚をしたいという自分の意志を妻に対して告げたんです。

その後は妻と別居をして離婚の協議を続けてきました。

その間は妻の家に通いながら家事や子供の世話をしつつ、しかし寝泊りや仕事は別の部屋で別居している別の部屋で行うとそういった二重生活を続けておりました。

別居後しばらく経ってからその女性とお付き合いを始めました。

そして別居している家で、その女性と暮らし始めるということになりました。

ですので『週刊文春』の明日発売される記事に掲載されているタイトル「荻上チキの一夫二妻生活」このタイトルはそうした状態のことをさして書かれている記事です。

しかしですねぇ、離婚の話を妻とずっとしてきたんですけども、離婚した場合には子供と会うことが難しくなる。

それは自分にはとても耐えられないなということを協議を進める中で痛感してきました。

またこれまで連れ添ってきた妻と別れるという選択についても大きな葛藤もありました。

それからですねぇ、いろいろ悩みに悩んだ結果としてその女性とのお付き合いは解消するということにしたわけです。

その上で現在は妻と今後のあり方について話し合っている最中でした。

そうしたタイミングで今回の『週刊文春』の記事が掲載されたという次第です。

今回の記事では時系列の他、妻、そして相手の女性に関する記述など事実とは異なる部分があるんですけども、やはり今回の一件はひとえに私自身の浅はかなところ、浅はかさというものが引き起こしたことであるということには変わりないと思います。

今回の報道によって普段から支えてくれる周囲の方にはとても多くの心配をおかけしました。

そして何より一連の出来事を通じて家族、そして相手の女性を深く傷つけてしまったことを心から申し訳なく思っております。

というわけで、今回『週刊文春』の記事に取り上げられた私個人の出来事について説明をさせて頂きました。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 
番組で語られた内容をまとめると…

・現在は不倫相手とは別れている。

・妻との関係修復に向けて現在話し合いを続けている。

・『荻上チキ・Session-22』を降板することはなく、今後信頼を仕事で信頼を取り戻していくということ。

以上のようなことが判明しました。

評論家として追及する立場から追及される側になってしまった荻上チキですが、不倫内容はベッキーと川谷絵音に似ていて、しかも、どちらも騙された形に最終的にはなるのではないかと思います。

愛人も離婚して結婚できるとも思っていたのでしょうし、それが結局は子供のことで妻とやり直すことを選び、妻としては一度は好きな女ができて別居して同棲までされているので、ここからやり直すのって相当大変だと思うのですが、果たして上手くいくのか?

なかなか険しい道が待っていることと思います。

そして仕事での信頼の回復も、これから険しい道が待っていることと思いますが、今後どのような仕事ぶりで信頼を回復していくことになるのか?

今後の彼の仕事ぶりに注目していきたいところですね!

 
関連記事

荻上チキがゲス不倫でLINE画像をリークしたのは妻か愛人か?セッション22の降板の可能性も!

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました