【ウォーキングデッド シーズン7】13話のネタバレあらすじと感想「ベンジャミンの犠牲でモーガンの理性崩壊」

第12話では、リック達が銃を手に入れるも、ジェイディスから、まだ銃が足りないと言われてしまいました。

そして第13話では、王国に残ったモーガンに変化が訪れることになります。

果たして王国も救世主との戦いに参戦することになるのか?

続きが気になる『ウォーキング・デッド シーズン7』第13話のあらすじと感想をネタバレでお届けしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

『ウォーキング・デッド シーズン7』第13話「決壊した良心覚悟」のあらすじ

 

キャロルがアレクサンドリアの真実を調べる

 
キャロルはモーガンに会いに王国に行き、なぜダリルたちが王国にいたのかを尋ねます。

しかしモーガンは「アレクサンドリアのことはダリルに聞いてくれ!」と言って、本当のことは話さず「ダリルと話すならアレクサンドリアまで一緒に行く。君が望んだことだ。1人になりたいと、それが望みだろ?未練があるのか?今すぐ出発してもいい。君が望むなら」と告げるも、キャロルは1人で帰ってしまうのでした。
 

供給で王国と救世主が一触即発

 
救世主に供給するメロンを渡しにエゼキエル王を始めとしたメンバーが待ち合わせの場所に向かうと、道がスーパーのカートでふさがれていて、車を降りて罠がないか様子を見に行くと、カートの先が矢印のようになっており、その方向に全員で進みます。

すると「私をここに埋めてくれ」と書かれた場所に墓穴が掘られていました。

こんな世界で気が変になってしまった人の仕業だと思った一行はカートを片づけて、待ち合わせ場所に向かうことになりました。

そして待ち合わせ場所にはすでに救世主が来ていて、救世主のギャビンから遅刻したことを指摘されると、エゼキエル王は道がふさがれていたと説明しますが、ギャビンは「聞きたくない。」と言って、聞く耳を持ちません。

すると王国の臣下のジェリーが「王の言葉を遮るな!」と言うと、救世主のジャレッドは前回モーガンから奪った棒で殴り「王などいない。大統領も首相もいない。もはやおとぎ話だ。」と言われてしまいます。

さらにギャビンからも「陛下なんて芝居はやめろ!供給してくれることに感謝はしてるが、余計な小競り合いにはウンザリだ!ストレスをためにきたんじゃない!その逆だ!」と言って、供給物と銃を渡すように指示します。

それを聞いたエゼキエル王は「約束が違う。」と銃を向けて一触即発の状態となりますが、ギャビンは「選択肢は2つ、銃を渡すか、試しに使うか、どうする?」と選択を迫るのでした。

そこでいつも反抗的な王国の臣下のリチャードが「渡しましょうよ!陛下!」と進言し、エゼキエル王は銃を渡すことを選択します。

これで一件落着かに思われた矢先に供給したメロンが12個の約束が11個しかないことが発覚し、エゼキエル王は「そんなはずはない。」と確認すると、11個しかありませんでした。

ギャビンは「問題は今すぐ解決する。肝に銘じるんだな!教訓だ!」と告げ、ジャレッドは因縁のあるリチャードに銃を向けると、リチャードはいつもと違って冷静に「やれ!」と言うと、ジャレッドはリチャードではなくベンジャミンの足を撃ってしまいます。

ギャビンはジャレッドにモーガンの棒を返して一言もしゃべらずに車に乗るように指示し、エゼキエル王に「よく聞くんだ!一度くらい耳を傾けろ!供給は毎回、時間を守り、契約を果たせ!あとメロン1つだ!理解したか?」と告げると、エゼキエル王は「理解した。」と言って、ベンジャミンを医薬品が置いてあるキャロルの家へ急いで運ぶことにするのでした。

 

スポンサードリンク

 

ベンジャミンの犠牲の裏側

 
キャロルの家に急行し、ベンジャミンの手当てをしたものの、ベンジャミンは助からずになくなってしまいます。

モーガンは弟子であり、息子のようにかわいがっていたベンジャミンが亡くなってしまったことで気が動転し、外に出ると、息子のデュエインとベンジャミンが亡くなったのを混同して錯乱状態に陥ります。

そして、そこにあった段ボールを蹴ると、中からメロンが1個出てきて「ベンジャミン銃を構えろ!」と告げるリチャードの姿を見るのでした。

モーガンは戻って、リチャードの元に行くと、道をふさいだのもメロンを1個隠したのも、自作自演で、本当は自分が始末されれば、王国が救世主と戦うことに目覚めると思ってやったことで、ベンジャミンがやられるとは思っていなかったことを告げられます。

リチャードはモーガンに「今日のことを利用するんだ!救世主には理解したと思わせる。何をすべきか理解し、生き続けると、奴らを信じさせる。奴らが信じ込むように従うんだ!そして信頼を得たらアレクサンドリアとヒルトップと組み、総攻撃する。エゼキエルにも話す。一生かけて償っていく。」と告げるのでした。

 

モーガンの理性崩壊

 
エゼキエル王はメロン1個を持って再び救世主との約束の場所に着くと、モーガンは救世主の目の前でリチャードを始末し、エゼキエル王に全てリチャードが仕組んだことだと告げます。

モーガンはギャビンに「示そうとした。俺達が理解したと、俺達は何をすべきで、どう生きるべきか理解してる。」と告げると、ギャビンは「また来週同じ時間に」と言って、去っていくのでした。

その後、モーガンは王国には帰らずキャロルの元に向かい、キャロルにグレン、エイブラハム、スペンサー、オリビアなどの多くが犠牲となり、アレクサンドリアは救世主に制圧されて、救世主のために働かされているという事実を告げ、1人でどこかに去ろうとすると、キャロルがそれを止めて、モーガンを家に留まらせます。

そしてキャロルはリックが王国に救世主と戦うために協力を頼みにきたことを知り、王国に行って、エゼキエル王に「ここに移るわ!備えるの!戦うのよ!」と告げると、エゼキエル王は「戦うが、今日ではない。」と告げるのでした。

『ウォーキング・デッド シーズン7』の原作の続きの内容を知りたい方は原作のネタバレをご覧下さい。

【ウォーキングデッド シーズン7】原作7巻のネタバレあらすじ「第19話・前半 エゼキエル国王の正体」

【ウォーキングデッド シーズン7】原作7巻のネタバレあらすじ「第19話・後半 スペンサーの裏切り」

【ウォーキングデッド シーズン7】原作7巻のネタバレあらすじ「第20話・前半 グレゴリーの裏切り」

【ウォーキングデッド シーズン7】原作7巻のネタバレあらすじ「第20話・後半 シヴァの最期」

【ウォーキングデッド シーズン7・8】原作7巻のネタバレあらすじ「第21話・前半 ロジータがユージーンに恋?」

【ウォーキングデッド シーズン7・8】原作7巻のネタバレあらすじ「第21話・後半 ニーガンの結末」

【ウォーキングデッド シーズン7】前半1~8話の原作とドラマの違い「ダリル・サシャ・タラはオリジナルキャラ」

 

スポンサードリンク

 

キャスト

 

リック・グリムス(アンドリュー・リンカーン)

ダリル・ディクソン(ノーマン・リーダス)

カール・グリムス(チャンドラー・リッグス)

ミショーン(ダナイ・グリラ)

グレン・リー(スティーブン・ユァン)

マギー・グリーン(ローレン・コーハン)

キャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)

モーガン・ジョーンズ(レニー・ジェームズ)

サシャ・ウィリアムズ(ソネクア・マーティン=グリーン)

タラ・チャンブラー(アラナ・マスターソン)

エイブラハム・フォード(マイケル・カドリッツ)

ユージン・ポーター(ジョシュ・マクダーミット)

ロジータ・エスピノサ(クリスチャン・セラトス)

アーロン(ロス・マーカンド)

エリック(ジョーダンウッズ・ロビンソン)

イーニッド(ケイトリン・ナコン)

ジーザス(トム・ペイン)

グレゴリー(ザンダー・バークレイ)

ニーガン(ジェフリー・ディーン・モーガン)

ドワイト(オースティン・アメリオ)

『ウォーキング・デッド シーズン7』の最速リアルタイム配信はHuluで見ることができます。またHuluならFOXチャンネルで放送されている他の海外ドラマもリアルタイムで見ることが可能です。⇒14日間 無料でお試し視聴ができる Hulu(フールー

※紹介している作品は、2017年3月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

 

感想

 
『ウォーキング・デッド シーズン7』の後半が始まってから、ストーリーの引き延ばし感が、かなり見られましたが、今回も正直引き延ばしてる感満載でしたね…

残り3話しかない状態で、これぐらいの進む具合だと、シーズン7はニーガンとの全面戦争に突入するところで終わり、下手したらシーズン8はニーガンとの戦いだけで終わりそうな予感さえしてきてしまいました。

シーズン7に入ってから間延びと停滞感が強いので、もう少し進展することを望んでいましたが、13話目でこれだと、もはや今シーズンでの進展は期待できない気がしてきてしまいました。

ニーガンが見たいのに手下ばっかり出てくるのも微妙なので、せめてもっとニーガンを出てくることに期待したいですね!

※『ウォーキング・デッド』のヒース役のコーリー・ホーキンズが『24:レガシー』の主演になりました。

あらすじのネタバレや感想はこちらをご覧下さい。

【24 レガシー】第1話のネタバレあらすじと感想「エドガーのいとこマリアナが分析官として登場」

【24 レガシー】最終回12話のネタバレあらすじと感想「結末はナセリがレベッカとアラの交換に応じる」

 
ウォーキング・デッド シーズン7ネタバレ

※ウォーキング・デッド シーズン7のあらすじとその他の情報はこちらをご覧下さい。

【ウォーキングデッド シーズン7】後半9~16話の原作とドラマの違い「ジェイディスや浜辺の村は原作には出てこない」

【ウォーキングデッド シーズン7】最終回16話のネタバレあらすじと感想「結末はジェイディスの裏切りで全面戦争に」

【ウォーキングデッド シーズン7】15話のネタバレあらすじと感想「ドワイトをロジータが協力者として連れてくる」

【ウォーキングデッド シーズン7】14話のネタバレあらすじと感想「サシャとロジータがニーガンに復讐で謎の人物が目の前に」

【ウォーキングデッド シーズン7】12話のネタバレあらすじと感想「サシャとロジータがニーガンへの復讐を決意する」

【ウォーキングデッド シーズン7】11話のネタバレあらすじと感想「ユージーンとドワイトの俺はニーガンだ発言が切ない」

【ウォーキングデッド シーズン7】10話のネタバレあらすじと感想「ジェイディスは何者?ダリルとキャロルの再会に感動」

【ウォーキングデッド シーズン7】9話のネタバレあらすじと感想「ゲイブリエルが武器と食料を持って逃走」

【ウォーキングデッド シーズン7】後半はいつで8話に登場した謎の人物は誰?「今後の展開と犠牲者予想も」

【ウォーキングデッド シーズン7】前半1~8話の原作とドラマの違い「ダリル・サシャ・タラはオリジナルキャラ」

【ウォーキングデッド シーズン7】8話のネタバレあらすじと感想「ダリル脱走もスペンサーとオリビアが犠牲に」

ウォーキング・デッド 原作ネタバレ

※ドラマの続きが気になる方は原作のネタバレをご覧下さい。

【ウォーキングデッド シーズン7・8】原作7巻のネタバレあらすじ「第21話・後半 ニーガンの結末」

【ウォーキングデッド シーズン7・8】原作7巻のネタバレあらすじ「第21話・前半 ロジータがユージーンに恋?」

【ウォーキングデッド シーズン7】原作7巻のネタバレあらすじ「第20話・後半 シヴァの最期」

【ウォーキングデッド シーズン7】原作7巻のネタバレあらすじ「第20話・前半 グレゴリーの裏切り」

【ウォーキングデッド シーズン7】原作7巻のネタバレあらすじ「第19話・後半 スペンサーの裏切り」

【ウォーキングデッド シーズン7】原作7巻のネタバレあらすじ「第19話・前半 エゼキエル国王の正体」

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. 【やりすぎ都市伝説 2016 夏】関暁夫が死海文書の預言解読で2018年終末と人間選別で火星移住の開…

  2. 【あなたのことはそれほど】原作漫画5巻(20・21話)のネタバレあらすじ「有島麗華が家を出る」

  3. 【嘘の戦争】3話のあらすじネタバレと感想「三輪刑事こと六平直政が草なぎ剛に嘘をつかせた理由が切なすぎ…

  4. 【ウォーキングデッド シーズン7】10話のネタバレあらすじと感想「ジェイディスは何者?ダリルとキャロ…

  5. 【オールスター感謝祭2016秋】出演者一覧&放送日程タイムテーブル予想「織田裕二が出演する…

  6. 【那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円】結果速報「挑戦者は大井洋一と藤崎美樹に決定」

  7. 【ウォーキングデッド シーズン7】3話のネタバレあらすじと感想「ダリルにドワイトとシェリーの秘密が明…

  8. ビートたけしが吉田豪と間違えてキレたのは吉田潮?ワイドナショーで真相を語る!

  9. 【逃げ恥】7話のネタバレ感想とあらすじ「ひらまさ旋風でみくりと二度目のキスも家出で実家に?」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP