【世にも奇妙な物語 2018 春】明日へのワープのネタバレあらすじ「三浦春馬がアイリウムで未来にワープ」

entertainment

5月12日放送の『世にも奇妙な物語’18春の特別編』で、小出もと貴原作の漫画『アイリウム』が『明日へのワープ』として、三浦春馬主演で実写化されました。

そこで気になるキャストやあらすじをネタバレで、お届けしていきたいと思います。

【世にも奇妙な物語 2018 春】城後波駅(しろごなみえき)のネタバレあらすじ「ガチャピンとムック失踪の結末の駅員が怖い」

【世にも奇妙な物語 2018 春】少年のあらすじネタバレ「倉科カナ主演の結末に感動」

【世にも奇妙な物語 2018 春】不倫警察のあらすじネタバレ「唐沢寿明が不倫取締法違反で逮捕」

【世にも奇妙な物語 2018 春】フォロワーのネタバレあらすじ「ミミ子の声は誰?」

 
[ad#ad-1]

 

『明日へのワープ』のあらすじ

 

未来にワープできる薬アイリウム

 
映画監督を夢見る小林峰雄(三浦春馬)は、定職につかずアルバイトをしながら自主制作映画を作り続けて10年、全く芽が出ないまま時間だけが過ぎていきました。

その間に同級生たちは定職に就き、家族を作り、どんどん大人になっていくことに焦りを抱いていた矢先、同級生から結婚式に招待されてしまいます。

結婚式に出席すれば1人だけ惨めな思いをすることに違いないと悩み、さらに一緒に夢見ていた女優志望の恋人である須藤由紀(佐久間由衣)からも愛想を尽かされそうな状況で、まずます追い込まれてしまった小林峰雄(三浦春馬)は次第に眠れなくなり、心療内科で精神科医の宇堂公康(相島一之)に相談すると、宇堂公康(相島一之)から1錠服用した途端に24時間分の記憶が完全になくなるアイリウムという薬を処方されます。

そして、宇堂公康(相島一之)から、この薬を使った患者が、まるで24時間後の未来にワープしたかのような感覚になれる薬だと話していたことと、1度に大量の薬を服用しないことを告げられ、小林峰雄(三浦春馬)は早速、アイリウムを1錠服用すると、結婚式の日の帰りまでの記憶が全くなくなり、一瞬で24時間後にワープしたかのような感覚を覚え、不安に思っていた結婚式が記憶がないうちに終わっていたことを喜ぶのでした。

その後、小林峰雄(三浦春馬)は、つらいことや不安なことがある時はアイリウムを使ってやり過ごすようになってしまいます。

そんな中、1週間後に自分が応募した映画祭のコンペの結果をすぐにでも知りたくなった小林峰雄(三浦春馬)は一気にアイリウムを3錠を服用して1週間後に飛び、結果を見ると結果は落選でした。

それからというもの、小林峰雄(三浦春馬)はアイリウムを頻繁に使用するようになり、宇堂公康(相島一之)がいない隙にアイリウムを大量に盗んでしまうのでした。

 
[ad#ad-1]

 

アイリウムを大量に服用した後に待っていた結末

 
その後、小林峰雄(三浦春馬)に愛想をつかした須藤由紀(佐久間由衣)が家を出ていってしまいます。

そして、1人になってしまった小林峰雄(三浦春馬)は、こんな人生を終わらせて真っ当な人生を送りたいと思い、アイリウムを大量に服用してしまいます。

すると、小林峰雄(三浦春馬)は全く知らない家にいて、鏡を見ると自分の顔は老け込んでいて、カレンダーを見ると15年もワープしてしまったことに気付くのでした。

そんな中、ランドセルを背負った1人の少女が家に帰ってきて、小林峰雄(三浦春馬)がその少女に誰なのかを聞くと、自分の娘であることが判明し、机の上を見ると、須藤由紀(佐久間由衣)と娘と3人で映る写真を見つけます。

そこで小林峰雄(三浦春馬)は娘に須藤由紀(佐久間由衣)がどこにいるのかを聞くと、娘から3年前に須藤由紀(佐久間由衣)が病気で亡くなってしまったことを聞かされます。

15年もの記憶がない小林峰雄(三浦春馬)は、どうやって須藤由紀(佐久間由衣)と再会し、子供が生まれ、今まで子供とどうやって暮らしてきたのかがわからず、部屋の中で自分に関するものを調べると、現在はフリーのライターをやっていること、そして映画の賞のトロフィーがあったことから、その後、映画の賞を獲る夢を叶えていたことを知ります。

しかし、夢を叶えたにも関わらず、なぜ今ライターをしているのか気になって、部屋の中の物を漁ると、自分が撮った記憶がない映画のフィルムが出てきたので、早速、見てみることにしました。

すると、映画の中に須藤由紀(佐久間由衣)が映っていて、小林峰雄(三浦春馬)はあれから何があったのか、なぜ思い出せないのか、28歳の時の悩みなんか43歳になる頃にはとっくに終わってしまっているのに、恥をかくことから逃げて、つらい思いから逃げ続けて、苦しかった日も、思い悩んだ日も、ずっと戦ってきたはずなのに、全てを消し去って、どうせ終わるなら全てこの身に刻めば良かったと思い、泣きながら目を覚ますと、そこには宇堂公康(相島一之)がいて、今までのことは全てアイリウムが見せた幻想体験であることが知らされます。

幻想体験を体験した小林峰雄(三浦春馬)は、このままではいけないと思い、家に帰ると須藤由紀(佐久間由衣)と2人の将来について語り、そして行くことをためらっていた同級生の結婚式へと向かうのでした。

 
[ad#ad-1]

キャスト

 
小林峰雄(三浦春馬)

須藤由紀(佐久間由衣)

宇堂公康(相島一之)

 
関連記事

【世にも奇妙な物語 2018 春】城後波駅(しろごなみえき)のネタバレあらすじ「ガチャピンとムック失踪の結末の駅員が怖い」

【世にも奇妙な物語 2018 春】少年のあらすじネタバレ「倉科カナ主演の結末に感動」

【世にも奇妙な物語 2018 春】不倫警察のあらすじネタバレ「唐沢寿明が不倫取締法違反で逮捕」

【世にも奇妙な物語 2018 春】フォロワーのネタバレあらすじ「ミミ子の声は誰?」

【世にも奇妙な物語2017 秋】夜の声のネタバレあらすじと感想「結末の意味は?原作と違ってわかりづらい」

【世にも奇妙な物語2017 秋】運命探知機のあらすじネタバレと感想「岩田剛典がかわいそうなオチ」

【世にも奇妙な物語 2017 秋】ががばば・新章のネタバレあらすじと感想「続編に久慈暁子出演もスマホ検索が一番怖い」

【世にも奇妙な物語 2017 秋】フリースタイル母ちゃんのあらすじネタバレと感想「中山美穂より浅利陽介のラップが上手い」

【世にも奇妙な物語 2017 秋】寺島のネタバレあらすじと感想「吉岡里帆の演技と結末が怖すぎる」

 
[ad#ad-1]

コメント

タイトルとURLをコピーしました