【世にも奇妙な物語2017 秋】夜の声のネタバレあらすじと感想「結末の意味は?原作と違ってわかりづらい」

entertainment

手塚治虫原作の漫画『夜の声』が藤原竜也主演で、10月14日放送の『世にも奇妙な物語’17秋の特別編』で、実写化されます。

【世にも奇妙な物語 2017 秋】寺島のネタバレあらすじと感想「吉岡里帆の演技と結末が怖すぎる」

【世にも奇妙な物語 2017 秋】フリースタイル母ちゃんのあらすじネタバレと感想「中山美穂より浅利陽介のラップが上手い」

【世にも奇妙な物語 2017 秋】ががばば・新章のネタバレあらすじと感想「続編に久慈暁子出演もスマホ検索が一番怖い」

【世にも奇妙な物語2017 秋】運命探知機のあらすじネタバレと感想「岩田剛典がかわいそうなオチ」

手塚治虫原作なだけに、名作になる予感がする『夜の声』のキャストやあらすじと感想をネタバレでお届けしていきたいと思います。

 
[ad#ad-1]

 

『夜の声』のあらすじ

 

CEOとホームレスの二重生活

 
一年前、大手IT企業のCEOである我堀英一(藤原竜也)は社員のクビを平気で切る冷徹な経営者でした。

そんな我堀英一(藤原竜也)は週末になると、ホームレスとしてダンボールハウスに住むことで、ストレス解消をしていました。

ある週末、いつものようにホームレスとして過ごしていた我堀英一(藤原竜也)の元に1人の若い女性のユリ(飯豊まりえ)が男達に追われて逃げ込んできました。

我堀英一(藤原竜也)は、とっさにユリ(飯豊まりえ)をかくまい、男達の姿がなくなると、ユリ(飯豊まりえ)に早く家に帰るように促します。

その夜、我堀英一(藤原竜也)のダンボールハウスに再びユリ(飯豊まりえ)が現れ「行く場所がないので、しばらくの間、ここにいさせて下さい。」と頼まれ、我堀英一(藤原竜也)は、どうせ土日しかここにいないからと勝手に使っていいと、ここにいることを了承するのでした。

ダンボールハウスに住みつくようになったユリ(飯豊まりえ)は、次第に我堀英一(藤原竜也)の世話を焼くようになり、我堀英一(藤原竜也)は、そんなユリ(飯豊まりえ)に次第に惹かれていき、もっと多くの時間を過ごしたいと思った我堀英一(藤原竜也)はユリ(飯豊まりえ)に年齢と学歴を問わないという会社を受けてみないかと、それとなく自分の会社の入社試験を受けるように持ちかけます。

その後、自分の会社の入社試験をユリ(飯豊まりえ)が受け、当然のようにユリ(飯豊まりえ)は入社試験に受かり、まさか受かると思っていなかったユリ(飯豊まりえ)は我堀英一(藤原竜也)に受かったことを報告し「大好き!おじさん!おじさんが一番好き!」と抱きつき、2人でお祝いをするのでした。

入社後、しばらくしてから、我堀英一(藤原竜也)はユリ(飯豊まりえ)を呼び出し、秘書になってもらおうと思うことと、自分のことを覚えているかを尋ねます。

するとユリ(飯豊まりえ)は「面接の時にお会いして…」と、我堀英一(藤原竜也)がホームレスと同一人物だということには気付いてはいませんでした。

数か月後、ホームレスと同一人物であることを隠したまま我堀英一(藤原竜也)は車の中で、ユリ(飯豊まりえ)にプロポーズをしますが「ダメです。感謝してます。こんな私をこうして…」と言い残し、車から出て走って逃げていってしまいます。

その後、ホームレス姿の我堀英一(藤原竜也)の前にユリ(飯豊まりえ)が現れ、社長に結婚を申し込まれたことを報告するも、社長となんか結婚するのは無理だと話すと、我堀英一(藤原竜也)は、なぜ結婚できないのかを尋ねます。

ユリ(飯豊まりえ)は自分には前科があることを告げ、クズとかカスとか言われて全部が嫌になって逃げ出してきたことを話して、結婚は無理だと話すと、我堀英一(藤原竜也)は「どうせ相手は知らないんだから」と説得するも、ユリ(飯豊まりえ)は「おじさんと結婚したい。」と抱きついてきますが、我堀英一(藤原竜也)は社長夫人になった方が幸せだと説得すると「もういい!バカ!」と言って、ユリ(飯豊まりえ)は出ていってしまうのでした。

 
[ad#ad-1]

 

結婚の果てに…

 
ある日、我堀英一(藤原竜也)がホームレスの姿でいると、一年前にクビにした社員が家族連れで通りかかり、我堀英一(藤原竜也)とは知らずに1000円札をカンパとして置いていた缶の中に入れていきました。

我堀英一(藤原竜也)はクビにした社員と家族が歩いていくのを見つめながら、ホームレス仲間のケンちゃん(小市慢太郎)に家族がいるのかを聞きます。

するとケンちゃん(小市慢太郎)は娘がいるけど高校以来会っていないことを話します。

その後、我堀英一(藤原竜也)はユリ(飯豊まりえ)と結婚することになり、ユリ(飯豊まりえ)はホームレスの姿の我堀英一(藤原竜也)に結婚を報告して、お金に困ったら連絡するように告げるのでした。

結婚後、ユリ(飯豊まりえ)は社長夫人としての自由のない生活に嫌気が差し、我堀英一(藤原竜也)とケンカをしてしまいます。

ケンカの途中で我堀英一(藤原竜也)は、ついユリ(飯豊まりえ)には前科があることを話してしまい、ユリ(飯豊まりえ)は我堀英一(藤原竜也)が興信所に調べさせたのだと思い、窮屈になったユリ(飯豊まりえ)は本気でホームレスのおじさんが好きになってしまったことを語ると、我堀英一(藤原竜也)はホームレスは自分であったことをついに話します。

しかしユリ(飯豊まりえ)はそれも調べたのだと思い込み、逃げ出そうとすると、我堀英一(藤原竜也)は力づくで止めようとし、ユリ(飯豊まりえ)は我堀英一(藤原竜也)を刺して、逃げていってしまうのでした。

我堀英一(藤原竜也)は最後の力を振り絞って、ユリ(飯豊まりえ)に手紙を書きます。

その後、ケンちゃん(小市慢太郎)の元に我堀英一(藤原竜也)の秘書がやってきて、ユリ(飯豊まりえ)がやってきたら差出人の名前は決して明かさず、手紙を渡すようにと手紙を渡されます。

手紙の裏にはおじさんよりと書かれ「ユリ、お前が好きだった。だからこそお前を幸せにしたかった。俺は旅に出る。もう二度と帰らない。ユリ…あの暮らしは楽しかったね…お前のことは忘れないよ…おじさんより」という手紙の文面を見ると、ケンちゃん(小市慢太郎)は昔、我堀英一(藤原竜也)とユリ(飯豊まりえ)がダンボールハウスにいた場所に向かいます。

そこでケンちゃん(小市慢太郎)は我堀英一(藤原竜也)とユリ(飯豊まりえ)が昔のように仲良く暮らしている姿を見たかと思うと、2人の姿は消え去り、道端に2人がダンボールハウスで花瓶代わりに使っていたワンカップの瓶が足元に転がってきて、ケンちゃん(小市慢太郎)は我堀英一(藤原竜也)の手紙をワンカップに入れて、その場に置き、その場を後にするのでした。

 
[ad#ad-1]

キャスト

 

我堀英一(藤原竜也)

ユリ(飯豊まりえ)

ケンちゃん(小市慢太郎)

出典:http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2017/171011-411.html

 

感想

 
我堀英一(藤原竜也)がケンちゃん(小市慢太郎)に家族がいるかを聞いて、娘がいるけど高校以来会っていないことを話した時にユリ(飯豊まりえ)がケンちゃん(小市慢太郎)の娘とかだったりしてと思ったんですが、そこは全然関係ありませんでしたね!

それにしても最後の意味がよくわからないと思って、原作がどうなっているのかを調べると、原作ではユリ(飯豊まりえ)が家を出る時に我堀英一(藤原竜也)のお金をありったけ持ち出そうとして、揉み合ってる時に銃で我堀英一(藤原竜也)を撃って、息絶える前に手紙を書いて、書き終えると亡くなり、ユリ(飯豊まりえ)は、ありったけのお金を持っておじさんがいるはずのダンボールハウスに行くというオチなんですね!

原作の方が断然わかりやすいし、いいオチなのに、何で原作のままにしなかったんだろうか?

ストーリテラーのタモリが並行世界の話をしていたので、ケンちゃん(小市慢太郎)が最後に見たのは違う選択をしていた時の我堀英一(藤原竜也)とユリ(飯豊まりえ)ってことなんだろうけど、個人的にはやっぱり手塚治虫の原作のオチの方が好きですね!

原作のままのオチで見れなかったのが、ちょっと残念だと思いました。

 
関連記事

【世にも奇妙な物語2017 秋】運命探知機のあらすじネタバレと感想「岩田剛典がかわいそうなオチ」

【世にも奇妙な物語 2017 秋】ががばば・新章のネタバレあらすじと感想「続編に久慈暁子出演もスマホ検索が一番怖い」

【世にも奇妙な物語 2017 秋】フリースタイル母ちゃんのあらすじネタバレと感想「中山美穂より浅利陽介のラップが上手い」

【世にも奇妙な物語 2017 秋】寺島のネタバレあらすじと感想「吉岡里帆の演技と結末が怖すぎる」

【世にも奇妙な物語 2017 春】しりとり家族のネタバレあらすじと感想「カズレーザーの赤と滝藤賢一が奇々怪々読む伏線も」

【世にも奇妙な物語 2017 春】妻の記憶のネタバレあらすじと感想「結末は昨日公園で遠藤憲一が手を振り感動」

【世にも奇妙な物語 2017 春】カメレオン俳優のネタバレあらすじと感想「菅田将暉がカメレオーネでまさかのオチ」

【世にも奇妙な物語 2017 春】一本足りないのネタバレあらすじと感想「永作博美の妄想か現実かわからない演技が怖い」

【世にも奇妙な物語 2017 春】夢男のネタバレあらすじと感想「This Manが玄田哲章で中条あやみはミドリでツイート」

 
[ad#ad-5]

コメント

  1. 通りすがり より:

    夜の声のラストシーンは幻ではなくて、パラレルワールドっぽくタモリさんが解説していましたよ。
    最後に手紙を入れたビンは、ホームレスの家でユリさんがお花を飾ったワンカップのビンではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました