【ほんとにあった怖い話(ほん怖 2019)】中条あやみ主演ネタバレあらすじ「赤い執着」

ほんとにあった怖い話

10月12日放送の土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 20周年スペシャル 2019』の中条あやみ主演「赤い執着」のキャストとあらすじをネタバレで、お届けしていきたいと思います。

【本当にあった怖い話(ほん怖 2019)】鈴木保奈美主演ネタバレあらすじ「誰にも言えない」

【ほん怖 2019】佐々木蔵之介主演ネタバレあらすじ「肩の女」

【ほんとにあった怖い話(ほん怖 2019)】松本穂香主演のあらすじネタバレ「机と海で峯村リエがあなたの番です」

【本当にあった怖い話(ほん怖 2019)】佐藤健主演あらすじネタバレ「汲怨のまなざしのストーカー趣里が怖い」

※ここからはネタバレになりますので、ご注意下さい。

[ad#ad-1]

『赤い執着』のあらすじ

岡山県岡山市、宮岡真衣(中条あやみ)は半年前に両親を亡くし、幼い妹の宮岡彩花(粟野咲莉)と暮らしていくため、大学を辞め、昼間はクリーニング工場で働き、夜は居酒屋で休みなく働き、毎日、妹に不憫な思いをさせまいと必死に働いていました。

そんな中、居酒屋で働いた後、自宅に帰り、自宅の団地のエレベーターから出ると、何か気配を感じて、団地の下を見ると、真っ赤な服を着た女が、こちらを見上げていました。

宮岡真衣(中条あやみ)は不気味に思いつつも、同じ団地の住人だろうぐらいにしか思っていませんでした。

翌日、その話を居酒屋の常連である吉岡(昴生・ミキ)と後輩の大谷(泉澤祐希)に話すと、夜帰るのも遅いんだろうし、気を付けた方がいいと言われます。

その日、居酒屋で働いた後、自宅に帰ると、また何か気配を感じて、団地の下を見ると、またも真っ赤な服を着た女が、こちらを見上げていました。

さすがに恐怖を感じた宮岡真衣(中条あやみ)は、すぐに部屋の中に入ります。

翌日、居酒屋で大谷(泉澤祐希)から「いきなりこんなこと聞くのもあれなんですけど、最近、何かおかしなことなかったですか?もしあるなら早めにきちんと対処した方がいいかもしれません。」と言われ、宮岡真衣(中条あやみ)が昨日あったことを話そうとしますが、トイレから帰ってきた吉岡(昴生・ミキ)がナンパしてると勘違いし、それ以上、昨日あったことは話すことはできませんでした。

そして、その日、自宅に帰宅すると、大谷(泉澤祐希)に言われたことが気になった宮岡真衣(中条あやみ)は少しでも気を紛らわすために、塩を玄関に置くと、それが効いたのか、真っ赤な服を着た女を見かけることはなくなりました。

その後、宮岡真衣(中条あやみ)は宮岡彩花(粟野咲莉)と遊ぶ時間もなくなるほど、今まで以上に働きづめでしたが、宮岡彩花(粟野咲莉)が成人式を迎えるまでは頑張ろうと、そう思いながら日々を送っていました。

そんなある日、再び何か気配を感じて、団地の下を見ると、そこには誰もおらず、安心したのも束の間、振り返ると、そこには真っ赤な服を着た女の姿が!?

あまりの恐怖に宮岡真衣(中条あやみ)は、すぐに部屋の中に入ると、宮岡彩花(粟野咲莉)から「明日、何の日か覚えてる?」と聞かれ、宮岡真衣(中条あやみ)は「明日は…彩花の誕生日じゃない?」と答えます。

どこか上の空の宮岡真衣(中条あやみ)に宮岡彩花(粟野咲莉)は「本当に覚えてた?」と聞きますが、宮岡真衣(中条あやみ)は「当たり前でしょ!彩花の大好きなイチゴがたくさん乗ったケーキ買ってくるからね!」と答えると、宮岡彩花(粟野咲莉)は「やった!約束ね!」と大喜びするのでした。

翌日、真っ赤な服を着た女のことが頭から離れなくなってしまった宮岡真衣(中条あやみ)は仕事でミスを連発し、慌てて帰宅すると、イチゴのケーキを買って帰るのを忘れてしまいます。

すると、宮岡彩花(粟野咲莉)は「お姉ちゃん、私のことなんて、どうでもいいんだね!この間だって買い物に行く約束したのに、仕事が入ったからって連れていってくれなかったじゃない!楽しみにしてたのに…パパとママ、絶対に約束は守ってくれたよ!本当はお姉ちゃん、私のこと邪魔だと思ってるんでしょ?」と言います。

それを聞いた宮岡真衣(中条あやみ)は「バカ言わないで!何でそんなこと言うの?誰のために毎日こんなに頑張ってると思ってるのよ!」と言ってしまい、宮岡彩花(粟野咲莉)は1人部屋に入っていってしまうのでした。

翌日、大谷(泉澤祐希)に出くわした宮岡真衣(中条あやみ)は、真っ赤な服を着た女のことを話すと、大谷(泉澤祐希)の家系は代々神主をやっていて、神主である父親がお祓いしたお札とお清めの塩を渡し、もし次に真っ赤な服を着た女が現れたら、何があっても絶対に離さずに持っていることと、真っ赤な服を着た女に何かされても、絶対に視線を合わせないようにすること、もし目を合わせれば、家族にも悪い影響を及ぼすことを忠告されます。

その日、自宅に帰宅し、団地のエレベーターに乗ると、勝手にエレベーターが止まり、ドアが開いたまま動かなくなってしまいました。

宮岡真衣(中条あやみ)は急いで階段で、自宅に向かい、ドアを開けようとすると、真っ赤な服を着た女が近付いてきて、宮岡真衣(中条あやみ)は大谷(泉澤祐希)に言われた通りに、お札とお清めの塩を握りしめたまま、視線を合わせないように耐え続けます。

そして、全身真っ赤な服を着た女が去っていくと、お札とお清めの塩が真っ赤になっていました。

後日、真っ赤な服を着た女は宮岡真衣(中条あやみ)と宮岡彩花(粟野咲莉)に取り憑いていたことがわかり、その後、宮岡真衣(中条あやみ)は宮岡彩花(粟野咲莉)となるべく一緒にいるようにし、平穏な日々を送っていましたが、宮岡彩花(粟野咲莉)が真っ赤な服を着た女を見たと言言い出したことから、今も真っ赤な服を着た女が執着しているのかもしれないと宮岡真衣(中条あやみ)は恐怖を抱くのでした。

[ad#ad-1]

キャスト

 
宮岡真衣(中条あやみ)

宮岡彩花(粟野咲莉)

吉岡(昴生・ミキ)

大谷(泉澤祐希)

関連記事

【本当にあった怖い話(ほん怖 2019)】鈴木保奈美主演ネタバレあらすじ「誰にも言えない」

【ほん怖 2019】佐々木蔵之介主演ネタバレあらすじ「肩の女」

【ほんとにあった怖い話(ほん怖 2019)】松本穂香主演のあらすじネタバレ「机と海で峯村リエがあなたの番です」

【本当にあった怖い話(ほん怖 2019)】佐藤健主演あらすじネタバレ「汲怨のまなざしのストーカー趣里が怖い」

【ほん怖 2018】平祐奈主演ネタバレあらすじ「迷い道に憑く女は貞子?こち亀BGMが面白い」

【本当にあった怖い話(ほん怖 2018)】菜々緒主演ネタバレあらすじ「黒竹は毟り取られた居場所」

【ほんとにあった怖い話(ほん怖 2018)】よしこ(ガンバレルーヤ)の実話あらすじネタバレ「ナニワ心霊道の黒い数珠がヤバイ」

【ほん怖 2018】葵わかな主演あらすじネタバレ「姿見は生き霊で合わせ鏡は危険」

【本当にあった怖い話(ほん怖 2018)】北村一輝主演あらすじネタバレ「果てからの念波は感動話?」

【ほんとにあった怖い話(ほん怖 2017)】或るマンションのあらすじネタバレと感想「手越祐也と赤い服の女の結末は?」

【本当にあった怖い話(ほん怖 2017)】影女のあらすじネタバレと感想「杉咲花の結末の正体は生霊」

【ほんとにあった怖い話(ほん怖 2017)】箱のあらすじネタバレと感想「野村周平の結末は室井滋が一番怖い?」

【ほん怖 2017】お墓はどこでしょうかのあらすじネタバレと感想「遠藤憲一の結末はCM多くて怖くない?」

【本当にあった怖い話(ほん怖 2017)】コールのあらすじネタバレと感想「北川景子の結末は感動話?」

[ad#ad-1]

コメント

タイトルとURLをコピーしました